解説!1日5分ビジネス英語
2017/09/21

ロイヤルティー制度、個別化か消滅か Loyalty schemes: Personalize or perish

今回の記事は「ロイヤルティー制度、個別化か消滅か」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence


Starbucks has enabled customers to pay for products by cash preloaded on the mobile app.


スターバックスは、顧客がモバイルアプリに入金した現金で商品を支払うことができるようにした。


perish=【動】滅びる、消滅する

ボキャブラリー

  • give up : [verb] 諦める。努力することを止める、敗北を認める
  • successful : [adj] 成功する。名声、富、社会的地位を達成する
  • choice : [noun] 選択。2つ以上の可能性を組み合わせる行為
  • track : [verb] 追跡する、の後を追う。誰かまたは何かの行動を追跡すること
  • habit : [noun] 人が定期的に考えることなく行う行為。例、食事の後に歯を磨くことなど。

日本語訳

データ分析企業Colloquyによると、多くの人はロイヤルティー制度を諦めているという。それらのプログラムはスマートフォンアプリを提供していないからだ。一方、顧客の購買傾向のビッグデータを得るために、スマートフォンアプリを使用している企業は成功している。

その良い例が、スターバックスが提供しているロイヤルティープログラムだ。スターバックスは、顧客がモバイルアプリに入金した現金で商品を支払うことができるようにした。これにより、スターバックスは、顧客の飲物の好み、顧客が訪れた店舗、店舗を訪れた時間に関する情報を収集している。スターバックスのロイヤルティー口座には、既に12億ドルが入金されている。7月に公開された最新の決算報告で、スターバックスは1,330万人のアクティブメンバーがいると発表した。

同じ様に、シンシナティに拠点を構える食品雑貨店チェーンのクローガーは、購買習慣に基づいて各顧客を追跡するために、顧客データサービス企業Dunnhumbyと提携している。クローガーは、購入の97%はロイヤルティーカード所持者によるものだと主張している。


Starbucksのロイヤルティープログラムについて


このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは The Economist や The Financial Times などの一流のビジネス誌!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます