解説!1日5分ビジネス英語
2017/04/25

市場原理は自動車会社合併を推進しているか? Are market forces driving auto mergers?

今回の記事は「市場原理は自動車会社合併を推進しているか?」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

The FCA-Volkswagen tie-up will help the latter strengthen its position as the world’s largest automaker.


FCAとフォルクスワーゲンの提携は、(後者の)フォルクスワーゲンの世界最大の自動車メーカーとしての地位をさらに固めるだろう。


R&D=research and development 研究開発

fall behind=後れを取る、

spare=【形】予備の、スペアの、余っている、余剰

stand to gain=得する

sound=【形】堅固な、安定した

ボキャブラリー

  • preference : [noun] 選択、好み。好ましい何か
  • entity : [noun] 存在物、実在物、実在。完全で、それ自体の特性を持つ別の個体
  • mega : [adj] 巨大な。とても大きい、重要な
  • manpower : [noun] 人材、人的資源。働くことができる人の供給
  • tie-up : [noun] 結びつける、提携する。2つ以上の企業または組織がビジネスパートナーになる契約

日本語訳

買い手の好みや経済規模の変化は、多くの自動車メーカーの利幅に影響を与えている。健全なビジネスモデルを得るために、自動車メーカーは、より大きな企業になり、販売台数を増やすために合併をしようとする。

自動車業界において、2つの巨大なメーカーの合併が近々実現するかもしれない。第1弾がテスラとゼネラル・モーターズ(GM)、そして第2弾がフィアット・クライスラー・モーターズ(FCA)とフォルクスワーゲンである。第1弾のケースでは、テスラとGMの両社は合併することで得をする。テスラは人気の電気自動車を提供しているが、人材と生産能力が欠けている。一方GMは、余剰生産能力と最高のエンジニアを備えている。しかし、ブランド価値では下回っている。

FCAとフォルクスワーゲンの提携は、フォルクスワーゲンの世界最大の自動車メーカーとしての地位をさらに固めるだろう。一方、FCAはフォルクスワーゲンの電気自動車技術を利用して、研究開発費を削減できる。



テスラとGMの合併についての動画です


このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは The Economist や The Financial Times などの一流のビジネス誌!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます