解説!1日5分ビジネス英語
2017/07/11

現代のコンクリート、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の例 Modern concrete: A case of "back to the future"?

今回の記事は「現代のコンクリート、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の例」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

These materials interacted with seawater to generate heat, thus hardening the structures as time went on.


これらの材質は海水に接触すると熱を発し、時が経過するにつれて構造物を硬化させる。


lagoon=【名】小さな沼、潟、潟湖 サンゴ環礁によって囲まれた海面

interact=【自動】相互に作用する

bound=【名】限界、境界、限度、範囲【自動】バウンドする、跳び上がるも同じスペルです。

volcanic=【形】火山の

ボキャブラリー

  • pier : [noun] 埠頭。岸から海に向かって突き出ている支柱の上にある足場
  • lump : [noun] 塊。決まった形がない物質の塊
  • discover : [verb] 発見する。以前に知らなかった何かを発見すること
  • principle : [noun] 原理、原則、思想。基本的な考え方、理論、なにかが行われる方法に大きな影響を持つ規則
  • environment : [noun] 環境。何かが存在する、または生きている地域。何かの周りの設定や状態

日本語訳

科学者たちはついに、ローマンコンクリート構造物が2000年経過した後も立っている理由を発見した。ローマ人は火山物質を使用して、埠頭、港、防波堤のような水際にある構造物を築いてきた。それら構造物は、長年の海水による化学反応でさらに強くなった。

現代のコンクリートはポートランドセメントがベースになっており、固まった後は変化しない。一方、ローマンコンクリートは、石灰、火山灰の塊を混ぜて作られた。これらの材質は海水に接触すると熱を発し、時が経過するにつれて構造物を硬化させる。

ユタ大学のマリエ・ジャクション研究主任によると、南ウェールズのスウォンジラグーンで建築予定の防波堤など、海洋環境で構造物を建てるために古代ローマの原理を適用できるという。



South WalesのSwanseaの動画、とてもわかり易いです


このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは The Economist や The Financial Times などの一流のビジネス誌!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます