イングリッシュノート
2011/07/29

The Backyard Barbecue バックヤード・バーベキュー

A long-time summer tradition in the U.S. is the backyard barbecue. When the weather is nice, many Americans enjoy cooking and eating on the patio or lawn behind their house. Typical food at a backyard barbecue often includes hotdogs, hamburgers, potato chips, potato salad, corn on the cob, watermelon or other dessert, and beverages. Sometimes a generous "barbecue master" will serve steak to his guests. However, even vegetarians can enjoy barbecuing vegetables and meat substitutes such as "tofu pups" and soy burgers.

Part of the barbecue tradition seems to be that men are the primary cooks, especially of any meat. While hotdogs are simply broiled without much preparation on the charcoal or gas grill, hamburgers or steak are often cooked with a barbecue sauce made of tomatoes, spices, brown sugar and vinegar. Some cooks have their own secret recipes for the sauce--and are very proud of it--while others just buy commercial preparations that are available in any supermarket.

At a backyard barbecue, hamburger patties--the ground beef without buns or condiments--usually have no added ingredients such as onions, eggs, bread, etc. The patties are simply thrown onto the grill, where salt, pepper and barbecue sauce are applied. This type of cooking provides an intense meaty flavor that many Americans seem to like. Today, with worries about bacterial contamination, hamburger patties are always well-done. Steak is often prepared and grilled in the same manner although a good steak can still be found rare (only slightly cooked with lots of red meat visible), medium rare (more cooked with pinkish-red meat visible) or well-done (very well-cooked with no red meat visible).

日本語訳:

バックヤード(裏庭)でのバーベキューは、米国人にとって伝統的な夏のお楽しみの一つです。天気の良い日には、多くの人々が自宅裏のテラスや裏庭の芝生の上でバーベキューを楽しみます。バックヤード・バーベキューの典型的なメニューは、ホットドッグ、ハンバーガー、ポテトチップ、ポテトサラダ、まるごとのトウモロコシ、スイカなどのデザートと飲み物です。気前の良い「バーベキュー・マスター」が開催するバーベキューでは、ステーキが振舞われることもあります。(バーベキューといえば肉を焼くのが一般的ですが)しかし、ベジタリアンの人々も、野菜や"tofu pup"と呼ばれる肉の代用品や大豆バーガーを焼いてバーベキューを楽しむことが出来ます。

バーベキューの際には、男性が主な料理人の役を勤めるのが習慣になっています。特に、肉を焼く係りは一般に男性と決まっています。ホットドッグ用のソーセージは下準備を必要とせず、単に木炭グリルかガスグリルの上で炙るだけですが、ハンバーガーやステーキ肉はトマト、各種スパイス、ブラウン・シュガーや酢などを混ぜて作るバーベキューソースを塗りながら焼くのが普通です。バーベキューソースはどこのスーパーでも出来合いのものが簡単に手に入るので、市販のソースを使う人も多いのですが、ご自慢の秘密のレシピでソースを自作する人もいます。

米国では、ハンバーガーに挟むハンバーガー・パティ(ひき肉を平たい円形にまとめたもの)には、タマネギ、卵、パン等を一切混ぜません。ひき肉だけでパティを作り、グリルの上にポンと乗せ、塩、胡椒、バーベキューソースで味付けをしながら焼きます。このシンプルな調理法が肉の味を最も引き立たせる方法として、米国人のお気に入りのようです。今日では、バクテリア感染を恐れて、ハンバーガー・パティは必ず中までしっかりと焼きます("well done")。ステーキの場合、上等な肉はレア、ミディアム・レアに焼くこともありますが、米国では一般にハンバーガー同様にしっかり焼きます。