イングリッシュノート
2012/05/02

Cinco de Mayo シンコ・デ・マヨ

Cinco de Mayo ("The Fifth of May" in Spanish) is a national holiday in Mexico that is also widely celebrated in the United States. It commemorates the Battle of Puebla on May 5, 1862, in which poorly equipped but highly motivated Mexican forces of less than four thousand troops defeated a French army of five thousand that was well-equipped and disciplined.

In the United States, Cinco de Mayo is observed by many Americans regardless of ethnic origins, particularly along the southern border states where there is a large Hispanic population. Although it is no more an officially recognized holiday than St. Patrick's Day in the United States, many cities with large Hispanic populations honor the day as a symbolic representation of Hispanic pride and as a representation of a culture that blends both Mexican and American roots.

Sales of Mexican-themed goods, especially food, increase in the week prior to Cinco de Mayo. In some areas, Cinco de Mayo celebrations--called fiestas--have become important tourist attractions. Even Mexican restaurants see an increase in business around this holiday.

In recent years, the number of illegal immigrants in the U.S.--many of whom come from Mexico--has become an important political issue. As a result, Cinco de Mayo has become a focus for both sides of the debate to push their opinions and agendas. On one side, some people want to end the illegal immigration, which is blamed for lower wages and a lack of jobs for American workers. On the other side, some people want more recognition for the fact that many of the lifestyle benefits that Americans enjoy--cheap household and industrial labor, cheap fruits and vegetables, etc.--are due to the labor of undocumented workers (as illegal immigrants are sometimes called).

日本語訳:

シンコ・デ・マヨ(スペイン語で「5月5日」のこと)は、メキシコの国家的祭日で、同時に米国でも広く知られている祝日です。これは1862年5月5日に、総勢4000人にも満たず装備も貧しいながらも士気の高かったメキシコ軍が、装備が整い訓練の行き届いた5000人のフランスの軍隊を打ち負かした「プエブラの戦い」を記念する日です。

米国では、出身地(文化圏)に関わらず、多くの米国人がシンコ・デ・マヨを祝福しますが、特にヒスパニック系の人口が高い南側国境沿いの州では盛大に祝われます。米国では、「聖パトリックの日」ほど正式な祝日としてみなされてはいませんが、ヒスパニック系の人口の高い都市の多くが、ヒスパニックの誇りの象徴として、また、メキシコと米国のルーツを混ぜた文化の代表としてこの日に敬意を表します。

シンコ・デ・マヨの前の一週間は、メキシコをテーマにした商品、特に食品、の売上が上昇します。地域によっては、シンコ・デ・マヨのお祭り--「フィエスタ」と呼ばれる--が、重要な観光の目玉になっています。この祝日の前後には、メキシコ料理レストランも客が増加します。

近年、米国への不法移民--多くがメキシコからの移住者--の増加が米国にとって深刻な政治的問題になっています。その結果、シンコ・デ・マヨは、不法滞在者を巡る論争の焦点となり、支援する人々や反対する人々が様々な意見や議論を戦わせます。反対する人々は、米国人の労働者に職が充分与えられず、賃金が低いのは、不法移民の存在が原因なので、不法移住を廃止するべきであると唱えます。一方、支援する人々は、米国人がすっかり馴染んでいる便利な生活--低賃金の家事労働力(メイドや庭師など)や産業労働力、低価格の野菜や果物など--は、正式な登録証を持たない不法滞在の労働者のお陰である、と言っています。