イングリッシュノート
2011/10/07

Columbus Day コロンブス・デイ

October 12 is designated as Columbus Day in the U.S., although the federal holiday is now observed on the second Monday in October. October 12 is the anniversary of Christopher Columbus' first sighting of land in the Bahamas, marking the first recorded contact of Europeans with the New World of the Western Hemisphere. Because this contact ultimately led to the creation of the United States as a nation, the anniversary has been commemorated in the U.S. for over 100 years.

Columbus Day was once celebrated with large parades and other events in many cities, but current observances are much more low-key in most places. This is due to the increasing awareness that while Columbus' so-called "discovery" led to great expansion of European culture, it also led to hundreds of years of destruction for the native peoples and cultures of the Americas. In recent years, Columbus Day observances have put more emphasis on recognizing Native American history and contributions to U.S. culture.

日本語訳:

米国では10月12日は「コロンブス・デイ」という連邦の祝日に定められていますが、実際には、毎年10月の第2月曜日に「コロンブス・デイ」を祝います。10月12日はクリストファー・コロンブスが(航海の末に)始めてバハマ諸島に陸地を発見した日であり、これを記念する祝日です。コロンブスの新大陸発見は、ヨーロッパ人による西半球の新大陸との接触として記録されているものとしては、最初のものです。この発見が最終的にアメリカ合衆国という国家の形成に繋がったので、米国ではこの記念日を100年以上も前から祝って来ました。

コロンブス・デイは、かつては多くの都市で大掛かりなパレードや様々な催し物で派手に祝いましたが、最近では殆どの地域で祝い方が控えめになっています。これは、コロンブスによるいわゆる「新大陸の発見」が、ヨーロッパ文化を著しい拡大に導いたと同時に、一方ではアメリカ大陸の原住民や彼らの文化への数百年にわたる破壊行為を引き起こした、という事実への認識が米国人の間で高まって来たからです。近年では、コロンブス・デイにはアメリカ原住民(インデアン)の歴史や、彼らによる米国文化への貢献を認識、評価することが強調されています。