イングリッシュノート
2012/06/07

American Cowboys アメリカのカウボーイ

Cowboys don’t really exist nowadays, do they? There’s no Marlboro Man riding off into the sunset, is there? Well, not unless you live in Montana or Wyoming or a few other places in North America.

In small towns like Bozeman, MT and Sheridan, WY, running into a cowboy is a not- uncommon occurrence. First, you’ll notice the distinctive hat with the wide brim, protecting the wearer’s face from the sun, which beats down relentlessly most days out here. Then, you’ll notice the slim-cut jeans, and maybe a vest and a typical cotton plaid ranch shirt: long sleeves, snap buttons, collar. Cowboys are natty dressers and they just about always wear a silk scarf around their throat. The scarf not only keeps the neck warm, but is a guard against the winds, which can suddenly spring up, causing dirt and dust to swirl around, making seeing and breathing a challenge. This piece of silk is a good way to prevent swallowing a small tumbleweed! The last items of a cowboy’s attire you might notice are the elaborately decorated, pointy-toed, leather boots with a high, wedged heel. Sometimes, there are spurs attached to the heels. These are for getting lazy horses moving.

Cowboys rarely have time to just sit back and relax unless it rains non-stop, which means that they have nothing to do outside, or until late in the evening, next to a roaring campfire. They sit around the fire and tell stories and recite their poetry.

Throughout the year, cowboys generally are busy helping their cows give birth, branding them, feeding and watering them, monitoring their health, moving them to new pastures, and selling them at market.

Some cowboys are active in the rodeo, too, and are excellent horseback riders; some learn how to ride bulls, too. Both animals can and do buck. The antics of the horses and bulls and the riders feature in the rodeo and the best riders leave the ring with valuable prizes.

日本語訳:

「カウボーイ達が、この頃は本当に見ないですね」「日暮れまで走り去っているマールボロ(たばこのパッケージ)の存在がないです」さて、それは、あなたがモンタナ州やワイオミング州またはアメリカ合衆国北部の他の場所に住まない限りは、です。

ボーズマン(モンタナ)とシェリダン(ワイオミング)などの小さな町では、カウボーイに出会うことは、それほど希な出来事ではないのです。まず、あなたは広いふちで特徴的な帽子に気がつくことでしょう。この帽子は着用者の顔を太陽から保護する。この日差しはとても強烈なものです。それから、あなたはスリム・カット・ジーンズに気がつく、そして、多分、ベストと典型的綿の格子縞シャツを飼育場で育てるだろう:長いそで、バネ式のボタン、襟。カウボーイ達は粋なドレッサーである、そして、彼らは常に絹のスカーフをのどにつけている。スカーフは首を暖かくしておくだけでなく、ほこりとちりがまわりで渦巻く風が視野を遮り、呼吸すらも困難にする、こららから身を守るために使われる。絹のこの部分は、小さなヒユをのみこむのを妨げる良い方法である!あなたが気がつくかもしれないカウボーイの服装の最後のアイテムは、高い、くさび形のかかとによる精巧に飾られた、とがったつま先の、革のブーツである。時々、かかとに付けられるスプール(拍車形状)が、ある。これらは、怠惰な馬を鼓舞するためにある。

雨が降り続かない限り、カウボーイズにはちょうど落ち着いて、リラックスする時間がめったにない。つまりこの事は彼らは外で野外で何もすることがない事を意味しているのです。リラックスできる時間は、夜の帳がおりて、燃えさかるキャンプファイアの横に座る頃まで待たなければならないのです。彼らは火のまわりに座って、物語を語って、詩を暗唱する。

年を通して、彼らカーボーイ達は牛の出産を助け、牛に印を付け、餌や水を与え、牛たちの健康を監視します。そして彼らを牧草地へ移動させます。最後に彼らを市場で売って・・・・そうなのです。カウボーイは一般に忙しい。

一部のカウボーイはロデオで活躍したり、優れた馬乗りライダーでもあるのです。また彼らのうちの何人かは、雄牛に乗る方法を学ぶ。どちらの動物も跳ねることができる。馬と雄牛とライダーの気まぐれな行動こそがロデオの大きな魅力。 そして、最高のライダーは価値ある賞とともにリング(ロデオ会場)を去るのです。