イングリッシュノート
2012/12/12

December Holidays and the End of the World? 12月の祝日そして・・・世紀末?

December is the final month of the year, when it is cold and dark in the northern hemisphere. It is a month of celebration and reflection on the soon-to-be-old year. There are many different traditions that are observed throughout the month: Hanukkah, Kwanzaa, Christmas, the winter solstice and New Year’s Eve. The most widely celebrated and best-known holiday is Christmas, which is both a religious and a secular holiday. There are office parties, religious observances, Santa Claus, Christmas trees and gift-giving. It is a joyous time of year.

This year, though, there is another day on the calendar to either celebrate or fear: December 21, 2012, the day that some say the Mayan calendar predicts the end of the world. Some interpreters of the ancient calendar say that there will be terrifying events on that day, such as earthquakes and flooding. Others say that there will be great changes in societies worldwide that will be for the betterment of humankind. Still others say that it is the end of the 5,125-year-old Mayan calendar, and is akin to us starting a new calendar on January 1.

We will likely all be around to enjoy Christmas and New Year’s Eve, so happy celebrating! And Happy New Year!

日本語訳:

北半球が冷たく暗くなるとき、年の最後の月である12月がやってきます。それは、祝賀の月であり、ほどなく古い年となる反省の月とも言えます。一ヶ月を通して守られる多くの異なる伝統が、(この月には)あります:(それらは・・・)宮清めの祭り、クワンザ祭、クリスマス、冬至点と大晦日。最も広く有名な休日はクリスマスです。そして、それは宗教的でかつ非宗教的な休日であるとも言えます。オフィス・パーティ(職場レベルのパーティ)、宗教的な遵守、サンタクロース、クリスマス・ツリーと(クリスマス)プレゼントが・・・楽しい時期です。

今年はもう一つ祝うべきか、恐れるべき日がカレンダー上にはあります。2012年12月21日に、マヤのカレンダーで、世界の終焉が予言されているのです。恐ろしいイベントがその日(例えば地震と氾濫)にあると、古代カレンダーのいくつかの解釈では言われています。また、一方で人類の改善のために社会の大きな変化が起こるとも。5,125年を経たマヤのカレンダーの単なる終わりで、新しいカレンダーが始まる、つまり我々の1月1日になる事と同様であるだけだと、他の人は言います。(akin=同類の)

(そうは言っても)我々全員は、おそらくクリスマスと大晦日を楽しむことになるでしょう!大いに祝おいましょう!そして、新年おめでとうございます!