イングリッシュノート
2011/06/17

Father's Day 父の日

On the third Sunday of June of each year, many American families celebrate Father's Day. Father's Day began in the U.S. with Sonora Dodd, a woman from Washington state who thought fathers--as well as mothers--should have a special day of recognition. Ms. Dodd especially wanted to recognize her own father--a widower who had to raise six children by himself on a farm in eastern Washington. She worked hard to this end, and the first Father's Day celebration took place in Spokane, Washington on June 19, 1910.

Father's Day continued to be celebrated through the decades, but it was not until President Lyndon Johnson signed a proclamation in 1966 that Father's Day was officially recognized at the national level.

For many children, Father's Day means finding a present that will have special meaning for the "Dad" in their lives. Typical presents might include power tools (saws and drills) for home improvement, a barbecue grill for that backyard picnic, or items of clothing such as ties and belts. Wallets and watches are also popular gifts. A wise father accepts all gifts--whatever they are--with grace, knowing they are signs of love from his children.

"Blessed indeed is the man who hears many gentle voices call him father!"--Lydia M. Child

日本語訳:

米国では毎年6月に家族で父の日を祝うのが一般的です。父の日を祝う習慣は、米国ワシントン州に住むソノラ・ドッドさんという女性によって始められました。彼女は、「母親と同様に、父親の価値を認識するための特別な日があっていいはずだ」と考えたのです。ドッドさんは、特に自分の父親--妻に死なれ、ワシントン州東部の農場で男手一つで6人の子供を育て上げた父親--に感謝の気持ちを伝えたかったのです。彼女は、このために努力を重ねました。そして、1910年6月19日、ワシントン州スポケンで初めての父の日の祝いが催されました。

以来数十年間、父の日を祝う習慣は続きましたが、しかし、父の日が国家レベルの祝日として公式に認められたのは、1966年に当時の大統領リンドン・ジョンソンが声明書に署名したときでした。

多くの子供達は、父の日に備え「お父さん」が喜んでくれるプレゼントをあれこれ探します。父の日のプレゼントとしては、日曜大工用の電動工具(鋸やドリル)、庭でバーベキューをするためのバーベキュー・グリル、ネクタイやベルトなどの衣料品などが最も一般的です。財布や腕時計も人気のあるプレゼントです。賢いお父さんは、どのプレゼントも--たとえどんな品物でも--子供達からの愛情の印として「威厳をもって優雅に」受け取ります。

「自分を「お父さん!」と呼ぶ優しい声を沢山聞くことができる人こそが、本当に幸福な人です。」

リディア・M・チャイルド