イングリッシュノート
2011/10/28

Halloween ハロウィーン

October 31 is Halloween, which has become a major folk holiday in the U.S. Children "go trick or treating," going from house to house and collecting candy and other goodies. People carve frightening or amusing faces into pumpkins and decorate their homes with ghosts, skeletons and black cats. As a matter of fact, up to 65% of Americans will decorate their homes and offices for Halloween, a percentage exceeded only by Christmas. People both young and old dress up in costumes for the day, ranging from a simple silly wig to the complete outfit of their favorite superhero or comic-book character. And there are many parties, since Halloween is the third-largest party occasion next to Christmas and New Year's Eve.

Although modern Halloween is an occasion for eating candy and having fun, its origins are much more serious. November 1 was the first day of the new year in the calendar of the Celts, the inhabitants of western Europe and the British Isles in pre-Roman times. The Celts believed that the night between the last day of the old year and the first day of the new was a time when the spirits of the dead could return to Earth. These spirits could be mischievous or even dangerous unless appeased by offerings of food and liquor. Also, this time was considered to be especially favorable for praying to the gods, so people would often go from house to house, asking for food and other gifts for their deities.

After the Romans brought Christianity to the Celtic lands, November 1 was called "All Saint's Day," also known as "All Hallow's Day." October 31 was called "All Hallow's Evening," which became shortened to "Hallowe'en," then just "Halloween."

日本語訳:

10月31日はハロウィーンです。ハロウィーンは、米国の「民間の祝日」として主要なものになりました。子供達は、"trick or treat?"(いたずらされたい?それとも、お菓子をくれる?)というお決まりのセリフで近所の家を一軒一軒回り、お菓子やその他の「いいもの」(果物、または現金のこともある)を貰います。カボチャを怖い顔や面白い顔をくり抜いてjack-o'-lantern(カボチャの提灯)を作り、お化けや骸骨、黒猫の人形などで家を飾ります。自宅やオフィスにハロウィーンの飾り付けをする人々の数は、米国人全体の65%に上ります。この数字は、クリスマスに飾り付けをする人々の数に続いて第二位です。ハロウィーンには子供だけでなく大人も仮装をします。面白いカツラをかぶる程度の簡単なものから、頭のてっぺんからつま先までお気に入りのスーパーヒーローや漫画のキャラクターに変身するものまで仮装の凝り具合は様々です。米国では、ハロウィーンは「パーティーの機会」としてクリスマスとニューイヤーズ・イヴ(大晦日)に続くもので、この日はあちこちでパーティーが開かれます。

現代のハロウィーンはお菓子を食べて楽しく過ごす楽しいお祭りになっていますが、ハロウィーンの起源はもっと真面目なものでした。ローマ時代以前の西ヨーロッパおよびイギリス諸島に住んでいたのはケルト人でしたが、ケルト人の暦では、11月1日が新しい年の初めの日でした。彼らは前の年と新しい年の間の夜には、死者の魂が地上に戻って来ると信じていました。これらの魂は、食べ物やお酒でもてなしをしないと、人間にいたずらをしたり、場合によっては危害を加えたりすると信じられていました。さらに、この時期は神々に祈りをささげるのに特に良い時期と見なされていたので、人々は家々を回って神々に捧げる食べ物やその他の贈り物を集めて歩いたのです。

ケルト人の土地にローマ人がキリスト教をもたらした後、11月1日は"All Saint's Day"(諸聖人の日)、あるいは"All Hallow's Day"(Hallowは「聖人」の意味)と呼ばれるようになりました。10月31日は"All Hallow's Evening"(諸聖人の祝日の前夜)と呼ばれ、これが短縮されて"Hallowe'en," さらに"Halloween"になりました。