イングリッシュノート
2011/07/01

Independence Day 独立記念日

Independence Day is the national holiday in the United States that celebrates the signing of the Declaration of Independence on July 4, 1776, in Philadelphia, Pennsylvania.

Before the declaration was signed, the eastern coast of what is the present-day United States consisted of 13 separate colonies under the rule of King George III of England. This arrangement had worked well for a time, but there was growing dissatisfaction concerning taxes that had to be paid to England. Although American colonists had to pay taxes to the English Crown, they had no representation in the English government. To many colonists, this was "Taxation without Representation."

In order to prevent a rebellion, King George sent more troops to the colonies. In April 1775, as British troops advanced on Concord, Massachusetts, the colonists, known as minutemen, met them in a running battle. This encounter was the unofficial beginning of the War of Independence.

In June 1776, after attempts to resolve differences with England had failed completely, a committee of colonists was formed to draw up a formal declaration of independence. After various changes, the document was approved on July 4, 1776. Even though the signing was not completed until August, the Fourth of July has become the official birthday of the United States of America and is celebrated with parades, picnics and fireworks.

日本語訳:

米国の「独立記念日」は、1776年7月4日にペンシルバニア州フィラデルフィアで独立宣言に署名がなされた日を記念する国家的祝日です。

独立宣言が採択される前、現在のアメリカ合衆国の東海岸側にあたる地域にはイギリス国王ジョージ3世の統治下にある13の英国領植民地がありました。暫くの間は、この状態でうまく行っていましたが、次第にイギリス本国に払わなければならない税金に対する不満が募っていきました。北米の植民地に住む人々は、イギリス王室によって国税を課せられていたにもかかわらず、英国国会に代表を送ることは許されませんでした。多くの植民地人は、これを「代表無き課税」と呼び、不当な扱いと見なしました。

植民地人による反乱を防ぐために、ジョージ3世は大勢の軍を北米植民地に送りました。1775年4月、イギリス正規軍がマサチューセッツ州コンコードに近づくと、植民地の民兵(一分間で戦闘用意ができる、という意味でミニットマンと呼ばれました)は追撃戦で迎えました。この戦いが、(公式ではないが)事実上の独立戦争の始まりとなりました。

1776年6月、イギリス本国と北米植民地との和解への試みが全て失敗に終わった後、公式な独立宣言を起草するために植民地人による委員会が結成されました。この独立宣言は、幾多の変更を経て、1776年7月4日に承認されました。実際に独立宣言への署名が完了するには8月までかかりましたが、7月4日がアメリカ合衆国の公式な誕生日となり、米国人は「独立記念日」をパレードやピクニック、花火などで盛大に祝います。