イングリッシュノート
2012/09/07

Lasting impressions: Eye contact and handshakes 目線と握手の大切さ

When you meet someone for the first time, you immediately notice the person’s smile, eyes and what type of handshake they have. Based on those, you form a first impression: you decide whether you like the person, feel you can trust him or her, would like to work with him or her, and so on. First impressions can be wrong, but nonetheless, they tend to be lasting. Therefore, it is important to be culturally appropriate for the situation and to make a positive first impression.

One way you can do that is through appropriate eye contact. This can be tricky as eye contact conveys different meanings in different cultures. In some, such as mainstream American culture, direct eye contact is a sign of confidence and honesty, while in others, such as Native American cultures, direct eye contact, especially with elders, can seem disrespectful, an impertinent challenge.

This interesting juxtaposition with regard to eye contact is apparent when comparing Japanese and American (and most European) cultures. For Americans, a lack of eye contact means that the person is perhaps not to be trusted, that he is hiding something. Therefore, when you are conducting business with Americans and most Europeans, it is essential that you make direct eye contact, whether you are meeting someone, giving a presentation or having a conversation over coffee.

Having a confident handshake is also vital for a positive first impression. Weak handshakes signify weakness to Americans, but not necessarily to Europeans, who tend to have gentler handshakes. To give you a little help, below are seven points of a confident handshake:

1. Smile at the other person.

2. Make eye contact.

3. Extend your right hand.

4. Shake hands about three times (shorter might seem rude and longer awkward).

5. Use one hand only! Sometimes, politicians use both hands, but this is not necessary in normal business dealings.

6. Be sure that your hand is firm! No dead fish!

7. Also, try not to bow and shake hands simultaneously.

If you follow these simple rules, you will look more confident and probably even feel more confident, and you will leave the other person with a very positive first impression!

日本語訳:

初対面であなたは、目、微笑、握手のタイプにすぐに気がつきます。それらに基づいて、あなたは(人に対して)最初の印象というものを持ちます。あなたは、「その人が好きかどうか」を決めたり、「彼または彼女を信用することができる」かを意識する、更に「彼または彼女とうまくやっていける(仕事)だろうか」を決めています。第一印象は間違っていることもあります。 しかしそれにもかかわらず、彼らはその印象を長く持ち続けてしまう傾向があります。したがって、状況や文化的に適切であることや、好印象を持たせることは重要なのです。

そのうちの方法の一つとして、適切なアイ・コンタクトをすることです。アイ・コンタクトが異文化において異なる意味を伝えるように、これは慎重を要します。例えばアメリカ文化(大勢)では、直接のアイ・コンタクトをとることが信頼と正直さを伝える、一方でアメリカインディアンの文化では直接のアイコンタクト(特に年長者に対して)は無礼にあたり挑戦的な意味合いさせ持ってしまうのです。

日本と欧米文化を比較するとき、アイ・コンタクトに関して非常に面白い並置をみることができます。アメリカ人にとって、アイ・コンタクトの不足は、人がおそらく信用されないことにもつながります。 彼が何かを隠していることを意味にもとらえられてしまうのです。したがって、あなたがアメリカ人やほとんどの欧州人とビジネスを行う際に、誰かと会うとき、プレゼンテーションの時、コーヒーを飲みながら会話をしている時などの(状況に関わらず)、あなたが直接のアイ・コンタクトをすることは重要なのです。

また、自信に満ちた握手をすることは、好印象を与えるためにも不可欠となります。弱い握手はアメリカ人に弱々しい印象を与えます。しかし、ヨーロッパ人には必ずそうとも限らないのです。むしろ(欧州人)はより穏やかな握手をする傾向があります。これは、下記は自信に満ちた握手をする際の7つのポイントです。

1. 他の人に微笑みなさい。

2. 目を合わせなさい。

3. あなたの右手を伸ばしなさい。

4. およそ3回、握手しなさい(短すぎると失礼にあたり、長すぎると厄介に)。

5. 1本の手だけを使いなさい!時々、政治家は両手を使う、しかし、これは通常のビジネス取引において必要でない。

6. あなたの手が固く相手の手を握っていることを確実にしなさい! 死んだ魚でない!

7. また、お辞儀をしながら握手しないように心がけなさい。

これらの単純なルールを守れば、あなたは自信があるように見られますし、より自信があると感じさせることでしょう。 そして、あなたは非常によい第一印象を他の人に残すことになるでしょう。