イングリッシュノート
2012/05/11

Mother's Day 母の日

The second Sunday in May is designated as Mother's Day in the U.S. People demonstrate their love and appreciation for their mothers by calling them on the phone (if the children live too far away to visit), giving them greeting cards and gifts, and by treating them to a special brunch. The most well-known gifts are flowers and candy. As a result, the second week in May is busiest time of year for florists. In addition, Mother's Day is one of the busiest days for traffic on the nation's telephone networks.

Because of the tradition of offering Mother a breakfast that she doesn't need to prepare herself, many restaurants offer special breakfast menus and buffets on Mother's Day. Although no mother would admit it, many might secretly prefer this option to the other "traditional" method of providing breakfast--having the young children of the house "cook" a meal of burnt toast, runny eggs and undrinkable coffee, making a complete mess of the kitchen in the process (which, of course, Mother later cleans up).

The idea of celebrating mothers and motherhood in the U.S. dates back to 1872, when Julia Ward Howe first suggested a special day honoring mothers and peace. However, her efforts to popularize the idea were unsuccessful and it wasn't until 1908 that another woman, Anna Jarvis, organized the first Mother's Day celebration in Grafton, West Virginia. The custom quickly spread to the rest of the country and in 1914, U.S. President Woodrow Wilson declared the first national Mother's Day.

日本語訳:

米国では、5月の第二日曜日は「母の日」に指定されています。人々は、(訪ねるには住まいが離れすぎている場合は)お母さんに電話をかけたり、カードや贈り物を贈ったり、または、お母さんを特別なブランチに招待して母への愛と感謝の気持ちを伝えます。「母の日」の贈り物として最も良く知られているのは、花とお菓子です。その結果、5月の第二週は花屋にとっては一年で最も忙しい時です。また、「母の日」は全米で電話回線が最も混雑する日の一つでもあります。

「母の日」には、お母さんが自分で料理をしないで済むように、家族が朝食をプレゼントすることが伝統になっているため、多くのレストランでは「母の日」に特別な朝食メニューやビュッフェ・スタイルの食事を用意します。これを認めるお母さんはいないでしょうが、実は、多くのお母さん達はもう一つの「伝統的な」朝食プレゼントの方法よりも、レストランでの朝食の方を喜ぶかもしれません。もう一つの「伝統」とは、幼い子ども達がトーストを焦がし、グチャグチャの卵料理を作り、とても飲めたものではない不味いコーヒーを淹れて朝食を用意してくれることです。もちろん、後片付けをするのは、お母さんです。

お母さんと母性を称えるという考えは、1872年にジュリア・ワード・ハウが最初にお母さんたちと平和を称える特別な日を設けることを提案した時に始まります。しかし、この考えを広めようとした彼女の努力は実らず、この提案に人々からの賛同が集まったのは、もう一人の女性、アナ・ジャービスがウェスト・バージニア州グラフトンで最初の母の日のお祝いを開催した1908年になってからでした。母の日を祝う習慣はその後全米に急速に広がり、1914年にはウッドロー・ウィルソン米大統領が国家的な祝日として最初の「母の日」を宣言しました。