イングリッシュノート
2011/07/22

Women's Soccer, Japan-Style 日本スタイルの女子サッカー

Nadeshiko Japan's shocking World Cup win on late Sunday night marks a dramatic turn in Japanese soccer history. It is also a culmination of a new kind of soccer being learned here. The Japanese players are smaller compared to Western rivals. Yet, they don't merely settle for being the little guys on the field.

In a smoky Tokyo sports bar devoted to soccer, a few fans gathered in the wee hours Monday morning. They agreed that the Japanese women have progressed because they have adopted a new style. This new style doesn't let their inherent weaknesses - height and body strength - hold them back. They've learned to be more agile. They pass and control the ball better.

Shigeki Sagami is general manager of the sports bar named Fiori. He noted that Japanese soccer players are shorter, not as strong, and not as quick to get to the ball. Instead, they excel at other things such as passing the ball. This is a change that has emerged in rising young players in the last couple of years.

Japan's calm ball control has tended to frustrate and help defeat opponents likeGermany and Sweden. But the Nadeshiko had trouble with this tactic against theU.S. The U.S. had the ball 53% of the time. U.S. offense was also more aggressive. Japan attempted 14 shots compared to 27 by the U.S. Still, Japankept its cool. They persevered even after the U.S. scored 104 minutes into the game. Team captain Homare Sawa scored team's second and tying goal shortly after. Japan clinched the title with a 3-1 lead in the penalty shootout.

It was a highly-charged game coming at an emotional period for Japan. This brought some fans to surmise there was an extra phantom element that led toJapan's win.

"The U.S. was the stronger team tonight, but Japan embodied the spirit of winning," said Mami Mori, a young office worker. Around her, the bar vibrated with jumping overjoyed fans.

Key Vocabularies:

  • culmination [n] : 頂点、絶頂
  • clinched [v] : 獲得する、勝つ、決着をつける
  • surmise [v] : 憶測、推量
  • phantom [n] : 幻想的な、錯覚の
  • embodied [v] : 具体化する、具現化する

日本語訳:

日曜日深夜に行われたワールドカップ決勝で、なでしこジャパンが衝撃的な勝利を収めたことは、日本サッカー史上における劇的な転換を示すものだ。また、これは新しい種類のサッカーの頂点を、ここで知ることができたことでもある。日本のプレーヤーは西欧のライバルたちに比べ小柄だ。だが、彼女らは競技に関して単に小さな女性ということに甘んじてはいない。

月曜日早朝、東京のすすけたサッカー専門スポーツバーに数人のファンが集まっていた。彼らは、日本の女性が新しいスタイルを採用したことで、進歩しているということで一致した。この新スタイルでは、身長と体力という先天的な弱点により彼女らが尻込みすることはない。より機敏に動くことを学んでいるのだ。彼女らは、ボールをうまくパスして支配する。

相模茂樹さんは、「フィオーリ」という名前のスポーツバーのマスターだ。彼は、日本のサッカープレーヤーは身長が低く、あまり頑強でなく、ボールを奪うのがそれほど速くないことに注目。その代わりに、ボールのパスなど他のことには優れている。これは、ここ2~3年で台頭した若いプレーヤーの中に見られる変化だ。

日本の静かなボール支配により、ドイツやスウェーデンのような対戦相手が欲求不満になる傾向があり、相手を倒すのに役立っている。しかしながら、なでしこは米国に対しこの戦術で苦労した。米国のボール支配率は、試合時間の53%。また、米国の攻撃も一段と積極的だった。シュートの数は、米国の27に対し日本は14だった。それでも、日本は冷静な姿勢を維持した。彼女らは、米国が試合の104分目に得点した後でさえも、これを失うことはなかった。チームキャプテンの澤穂希が直後にチーム2点目となる得点を上げて、同点に持ち込んだ。日本は、PK戦で3対1とリードしてタイトルを獲得した。

この試合は、日本にとって感傷的な時期に到来した緊迫した試合だった。このため、一部のファンは日本を勝利に導く特別な幻想的要因が存在していたと憶測した。

若い会社員の森真美さんは、「今夜の米国ははるかに強いチームだったけど、日本は勝利の精神を具体化することができた」と指摘。彼女の周りでは大喜びするファンが飛び上がり、バーが揺れ動いていた。