イングリッシュノート
2012/03/06

St. Patrick’s Day 聖パトリック祭

The Irish comprise one of the largest waves of immigrants to come to America. The Irish have contributed greatly to American society. One of the holidays Americans of all backgrounds celebrate even if they aren’t Irish is St. Patrick’s Day, which is observed on March 17.

Originally, this holiday was in celebration of the Irish saint, but now it is celebrated by people everywhere and is a secular holiday, celebrating Irish culture in general. In many communities all around the world, there is a St. Paddy’s parade. The largest as well as the oldest is the one in New York City. About 150,000 marchers participate and the 1.5 mile route is lined with two million onlookers. Those who participate include bands, clubs, military, police and firefighters.

March 17 is a day of lots of green, the color of the Catholics in Ireland. Many people wear something green on St. Patrick’s Day, such as a green tie or scarf or a green sweater. Some people really get into the spirit of the day by dying their hair green. Even beer is sometimes dyed green in order to celebrate the day. St. Patrick’s Day is characterized by a lot of drinking.

When one thinks of St. Patrick’s Day, one automatically thinks of shamrocks and leprechauns, two symbols of Ireland. Shamrocks are green, three-leafed clover. The four-leaf clover is thought to bring good luck so people try to find them, even though they are not too common.

Leprechauns are also symbolic of St. Patrick’s day. They are Irish fairies who take the shape of an old man. Usually, they dress in green and if you see one, he will grant you three wishes.

日本語訳:

アイルランド人は、アメリカへの移民の中でも最も大きな集団のひとつだ。

アイルランド人は、大いにアメリカ社会に貢献してきた。

たとえ彼らがアイルランド語を使用しなくとも、その背景を祝うアメリカの祝日の一つに聖パトリック祭がある。そして、それは3月17日に行われる。

当初、この休日はアイルランドの聖者の称賛する意味があった。 しかし、現在は各地で人々によって祝われて、非宗教的な意味合いの休日となっている。そして、これらは広義においてアイルランドの文化を祝ったものだ。

世界中の多くのコミュニティで、セント・パディのパレードがある。

ニューヨーク市のそれは、最も古いだけでなく最も大きい。

およそ150,000人の行進者は参加する、そして、1.5マイルのルートに沿って200万人の見物人が並んでいる。

参加する人々は、バンド、クラブ、軍隊、警察と消防士などが含まれ、様々だ。

3月17日は、たくさんの緑(アイルランドのカトリックの色)の日である。

多くの人々は、聖パトリック祭(例えば緑のタイまたはスカーフまたは緑のセーター)に、緑の何かを着る。

一部の人々は、彼らの髪を緑色に染めることによって祭典の精神に浸ろうとする。

ビールさえ、日を祝うために、緑に時々染められる。p>

聖パトリック祭は、多くの場合、飲酒によって特徴づけられる。

人が聖パトリック祭について考えるとき、人はシャムロックと小妖精(アイルランドの2つのシンボル)について自然と思い浮かべる。

シャムロックは、緑の、3葉のクローバーである。

あまり、見つけられない貴重なものだが、四つ葉のクローバーは幸運をもたらすと考えられる。

小妖精は、聖パトリックの日でも記号的である。

彼らは、老人の格好をしたアイルランドの妖精である。

通常、彼らは緑の服を着る、そして、あなたがその一つを見るならば、彼はあなたに3つの願望を与える。