イングリッシュノート
2011/08/12

Restaurant Tipping Practices レストランでチップを置く習慣

Tipping practices vary from culture to culture. In the United States, the standard amount to tip waiters and waitresses in restaurants is 15-20% of the bill.

In many countries, tipping is the customer's choice, and customers tip only if they have received extra or special service. However, in the United States, tipping is not considered optional: waiters and waitresses receive a lower minimum wage than other service industry employees because it is assumed they will receive tips. In fact, in many states, waiters and waitresses are taxed on their tips, whether they receive them or not.

If the service or food in a restaurant wasn't satisfactory, leave a smaller tip (such as 10%).

If you pay by credit card, you can add the amount of tip to the total on the credit card bill. You will see a space for this on the credit card voucher. You must write in the tip amount, add it to the meal charge, and write the total amount at the bottom.

You may also leave a tip in cash on the table.

Some restaurants automatically add a tip of 15-20% to the bill for large groups (parties) of 6 people or more. In that case, you don't need to leave any additional cash.

日本語訳:

チップの習慣は文化によって異なります。アメリカでは、レストランのウェイターやウェイトレスに、請求額の15~20%のチップを置くのが普通です。

チップを置くかどうかはお客の判断に任され、お客は特別によいサービスを受けたときだけチップを置くという国も多いのですが、アメリカではチップは置いても置かなくてもよいとは考えられていません。ウェイターやウェイトレスの給与は他のサービス産業従事者に比べて低く、最低限の給与しかもらえません。彼らがチップをもらうことが計算に入っているからです。実際、ウェイターやウェイトレスがチップをもらったかどうかに関係なく、チップに課税する州も多いのです。

レストランのサービスや食事に満足がいかない場合は、置くチップを少なくしましょう(たとえば10%)。

クレジットカードで支払う場合は、クレジットカードの請求書の合計に、チップの金額を付け加えることができます。クレジットカードの用紙にチップの金額を記入する欄があります。そこにチップの金額を書き入れ、食事の代金と合わせた合計金額を一番下の欄に書き入れるのです。

またチップを現金でテーブルに置いてもかまいません。

レストランによっては、6名以上の大人数(パーティ)の場合は自動的に15~20%のチップが加算されるところもあります。この場合、それ以上チップを払う必要はありません。