Business English Lite
2013/06/21

India’s telegram era comes to a stop インドの電報時代の終わり

In Mumbai, India, the counters for telegram services are empty.

The telegram was an important tool in colonial India, as it was the main means of cross-country communication post-independence. Sadly, though, due to the mobile phone revolution, the telegram is set to die next month.

This week, a state-owned telecom company announced it was closing its telegram service, with the last transmission set for July 15. The news has set off a wave of nostalgia and telegrams.

The telegram arrived in India in 1850. This was six years after Samuel Morse sent his first message, with a 30-mile line strung from DiamondHarbour to Calcutta. The telegraph became a necessary tool for the British to manage the empire.

But even after India’s independence, the 19th-century technology remained popular with the public. This was mostly due to the lack of telephones; it could take more than a decade to get one from the state-run telecom monopolies.

A supervisor at New Delhi’s Central Telegraph Office estimates that even a decade ago, a staff of 3,000, including hundreds of messengers, handled around 10,000 incoming and outgoing telegrams a day.

Key Vocabularies :
counter [noun] カウンター。取引などが行われる長く狭いテーブル。例えば、郵便局などで局員はカウンターの一方にいて、顧客はその反対側にいる。,   means [noun] 手段、方法,   post-independence [adj] ある国が別の国から独立した後の状態。この場合では、1947年にインドが190年間のイギリスの支配から独立した後のことを指している。,   revolution [noun] 大きな変化,   lack [noun] 何かが足りないこと、何かを持っていない状態,  

Quiz

本文の内容や単語について問う問題です。問題は全部で5問あります。是非チャレンジしてみて下さい。

1.

According to the article, what has caused the death of the telegram?

 

2.

According to the article, why did the telegram continue to be popular with many in India?

 
Look at the underlined word or phrase and choose the answer that is closest in meaning.

3.

The telegraph became a necessary tool for the British to manage the empire.

 

4.

This was mostly due to the lack of telephones; it could take more than a decade to get one from the state-run telecom monopolies.

 

5.

Based on the information in the article, between now and July 15, what will occur at telegram offices?

 
SIGNAL
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

もっと沢山の記事を読んで学習をしたいなら、Business English Pro1日10分ビジネス英語 の受講がお薦めです!

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら記事は週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されます。

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます