解説!1日5分ビジネス英語
2013/07/04

Stopping Asteroid Strikes 小惑星の衝突を防ぐ

今回の記事は「小惑星の衝突を防ぐ」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

解説

NASAとは、National Aeronautics and Space Administrationの頭字語です。

実は2012年の2月に「DA14」という直径60メートルある小惑星が発見され、 それが2月15日に地球に衝突するのでは?と言われていたんです。
軌道の計算をすると、3万キロ近くまで近づくので そのまま最悪の場合、地球の引力に引っ張られてしまうとか?
もし衝突した場合、昔あったツングースカ爆発の同じくらいの規模と言われています。
このツングースカ爆発の規模というと、爆発の規模が広島に投下された原子爆弾の1000倍にも匹敵するといわれています。

ツングースカ爆発は森林の中での事だったので、幸い死者などは出ませんでしたが、 これが市街地などだったら大惨事になっていたといわれています。

こちらがそのツングースカ爆発についてです。
The Tunguska event was an enormously powerful explosion that occurred near the Podkamennaya Tunguska River in what is now Krasnoyarsk Krai, Russia, at about 07:14 KRAT (00:14 UT) on June 30 [O.S. June 17], 1908.
The explosion, having the epicentre (60.886°N, 101.894°E), is believed to have been caused by the air burst of a small asteroid or comet at an altitude of 5–10 kilometres (3–6 mi) above Earth's surface.
Different studies have yielded widely varying estimates of the object's size, on the order of 60 m (200 ft) to 190 m (620 ft). It is the largest impact event on or near Earth in recorded history.

The number of scholarly publications on the problem of the Tunguska explosion since 1908 may be estimated at about 1,000 (mainly in Russian).
Many scientists have participated in Tunguska studies, the best-known of them being Leonid Kulik, Yevgeny Krinov, Kirill Florensky, Nikolai Vladimirovich Vasiliev, and Wilhelm Fast.[6] In 2013, a team of researchers led by Victor Kvasnytsya of the National Academy of Sciences of Ukraine published analysis results of micro-samples from a peat bog near the blast epicenter showing fragments possibly of meteoric origin.

ボキャブラリー

  • force : [noun] 強さ、エネルギー、力
  • zoom : [verb] 素早く動く
  • collision : [noun] 衝突、別の何かにぶつかること
  • prevent : [verb] 何かが起こる前に止めること
  • timely : [adj] 適時の、タイミングのよい

日本語訳

2月15日に20メートルの小惑星がロシアで爆発した。その爆発は中型の原子爆弾の力を持っていた。別の、地球によって加速されたさらに大きな爆発が数時間後にあった。しかし、他の自然災害と異なり、小惑星の衝突は人間の時宜を得た行動によって防げる可能性がある。

6月24日に、NASAは1万個目の地球の近くの太陽の周りを周っている小惑星または彗星を発見したと発表した。小惑星が地球に衝突するかもしれないという懸念がある。しかしNASAは、発見されていない小惑星は10倍程度存在する可能性があると確信している。

いくつかの国は近づいてくる小惑星の進路を変える方法は主に3つあると判断している。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます