解説!1日5分ビジネス英語
2013/11/01

Changing Fortunes of Inter-City Trade in the U.S. 変わりつつある米国の都市間取引の行方

今回の記事は「変わりつつある米国の都市間取引の行方」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSlow Down

A later study by The Brookings Institution, a think tank, has helped reconcile the issue.

シンクタンクのブルッキングス研究所によるその後の研究は、(上記の)議論をを歩み寄らせるのに一役買った。

ボキャブラリー

  • extent : [noun] 範囲、規模。何かで覆われる、または何かの影響を受ける距離やスペース。
  • detect : [verb] 何かの存在を発見する、または気づく
  • posit : [verb] 事実を仮定する。 特に議論を始めるために、アイデアや理論といったものを提案すること
  • reconcile : [verb] 和解する。(2つの異なる考え、事実などを)同時に存在させる、または同時に真実なものとする方法を見つけること
  • think tank : [noun] シンクタンク。特定の主題に関する新しいアイデアについて考える人々のグループから構成される機関

日本語訳

ひとつは『エコノミスト』誌、もうひとつは『ニューヨークタイムズ』が公表し、両誌の最近の記事は、米国の都市間取引の範囲について、別々な(2つの)見解を示している。前者が、米国の国内輸送量は、長距離取引または国際取引に比較すると極めて低かったと主張する一方で、後者は、米国の国内取引はおもにサービス産業が中心であり、貨物輸送のデータの中にそうした輸送量そのものを見つける事はできないだろうと推測している。

シンクタンクのブルッキングス研究所によるその後の研究は、(上記の)議論をを歩み寄らせるのに一役買った。 この研究によれば、米国の100の大都市行政府は、20兆ドルの取引高を生んでいるが、そのうち85%は、国際取引によるもではなくむしろ国内取引なのである。これは、国内取引が、アメリカの経済における主たる役割を果たしていることを示していることになる。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます