解説!1日5分ビジネス英語
2014/02/14

Trans-Pacific Partnership for multilateral free trade: Success or failure? 多国間自由貿易のための環太平洋経済連携協定(TPP)― 成功か失敗か?

今回の記事は「多国間自由貿易のための環太平洋経済連携協定(TPP)― 成功か失敗か?」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSlow Down

Since then, twelve countries are in discussions for the correct terms of trade that would protect the interests of all member countries.

それ以来12カ国が、全加盟国の利権を守る正しい交易条件をめぐる議論を交わしている。

ボキャブラリー

  • terms : [noun] 条件、条項。協定の本質と範囲を確定する条項
  • engage : [verb] 関与する。何かを行う、または何かに参加すること
  • interest : [noun] 興味。物または物の種類に付随する、またはこれらに対して特別な注意を生じる感覚
  • urge : [verb] 勧める。(誰かに)何かするよう真摯に説得しようとすること
  • abolish : [verb] 廃止する。公式に終わらせるか止めること;完全に何かを排除すること

日本語訳

環太平洋戦略的経済連携協定(TPSEPまたはP4)が当初の加盟国(ブルネイ、チリ、ニュージーランド、シンガポール)によって調印されたとき、それは広い地理的領域での貿易を許可する協定を意味していた。それ以来12カ国が、全加盟国の利権を守る正しい交易条件をめぐる議論を交わしている。

環太平洋経済連携協定(TPP)は、2008年以降議論に参加している環太平洋諸国12カ国を含む。それは、米国、日本、オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナムである。議論が満足のいく結論に達した場合、企業はTPPによって、この大きな地域内のどこででも地域法による制限なくビジネスを行うことができるようになる。

『ジャパン・ニュース』(読売新聞の英語版)は、米国と日本の両者はTPP交渉を終結させるために全力を尽くさなければならないと勧告している。現在、両国間には、関税の廃止に関する意見の相違がある。おそらく今月下旬に開かれる外相会議は、会談が進むべき方向を決めるにあたって非常に重要なものになる可能性がある。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます