解説!1日5分ビジネス英語
2014/05/17

Pfizer’s takeover of AstraZeneca: Deal or no deal? ファイザーのアストラゼネカ買収 成立それとも不成立?

今回の記事は「ファイザーのアストラゼネカ買収 成立それとも不成立?」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSlow Down

With AstraZeneca having refused to engage in talks, Pfizer has said that it might raise its proposed $106 billion (62.9 billion pounds) offer to seal the deal.

アストラゼネカは対話を拒否したので、取引を成立させるために、ファイザーは提案した1060億ドル(629億ポンド)の買収額を引き上げるかもしれないと発表した。

pharmaceutical=製薬のという意味です。

seal the deal=契約をするというフレーズになります。

track record=実績

workforce=通常は労働人口ですが、ここでは従業員を意味します。

assurance=保障、請け合いという意味の名詞です。

ボキャブラリー

  • terms : [noun] 条件。当事者たちが同意するための、法的、事業上のまたは財務的な契約の条件
  • bid : [verb] 入札、に値をつける。売られているものを(一定額で)支払うと申し出ること
  • engage : [verb] 従事する。特定の活動に参加すること(特に他人と話す活動)。
  • retain : [verb] 保持する。地位、職などを維持する
  • merger : [noun] 合併。2つ以上の事業を1つにする活動または処理

日本語訳

米製薬会社のファイザーがイギリス第2位の大手製薬会社アストラゼネカを買収する条件をまとめるのはまだ先のようだ。

5月13日、ファイザー社の会長兼最高経営責任者であるイアン・リード氏はイギリス下院議員との会議に出席した。その会議で下院議員たちはイギリスの研究費や職へのファイザーのコミットメントに懸念を示した。

アストラゼネカは対話を拒否したので、取引を成立させるために、ファイザーは提案した1060億ドル(629億ポンド)の買収額を引き上げるかもしれないと発表した。

イアン・リード氏はファイザーは過去の合併と買収で良い実績を残していると語った。また同氏は、ファイザーはイギリスにいるアストラゼネカ社の全研究職の5分の1は維持すると強調したが、将来においてサンドイッチにある同社で人員削減を行わないことは保証できないと話した。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます