解説!1日5分ビジネス英語
2014/06/06

Asian business rediscovers itself アジアのビジネス、自らを再発見

今回の記事は「アジアのビジネス、自らを再発見」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

Asia is now well set to turn that forecast into reality.

アジアはその予想をほぼ確実に実現させるだろう。


Not surprisingly=もっともなことだが・・・(驚くことではない)

innovation was encouraged=encourageは励ますですが、この場合は勢いつくというニュアンス。

Asian countries have been forced to emerge from their slumber=be forced to でto以下を強要されるという意味です。slumberは眠りで眠りからemerge(出される)つまりたたき起こされたというイメージになります。

ボキャブラリー

  • venture : [noun] 事業。一般的にリスクが伴う新しい活動、プロジェクト、ビジネスなど
  • diversify : [verb] 多様化する。より多くの種類の製品を生産または販売すること、製造または提供しているさまざまな商品やサービスを増やすこと
  • forecast : [verb] 見通し、予測。将来に何かが起こると言うこと、利用できる情報を見た後に、何かを予想すること
  • fore : [noun] 前面、前方、目立つ場所。目立つ場所に
  • slumber : [noun] 休止、沈滞、睡眠。活動していない状態、休止状態

日本語訳

以前にアジアは、2030年までに、GDP、軍事費用、事業規模、および技術的な事業において北米とヨーロッパの両方に迫るだろうと予測されていた。アジアはその予想をほぼ確実に実現させるだろう。

アジアは世界中の鉄の76%を溶解しているが、アジアは最も価値あるブランドの10%しか所有していない。しかし、アジアに資本主義が台頭する中、現在それは変わりつつある。驚くことではないが、アジアは世界のGDPの28%を占めている。1984年から8%上昇した。

早い時期に、イノベーションは日本、台湾、および韓国だけで起こった。しかし、他の多くのアジア諸国は、自国の市場がもはや安全ではなくなったので、意識もうろうの状態で立ち上がることを余儀なくされた。厳しさを増す欧米の多国籍企業からの競争、上昇する人件費、より要求をしている中間層などが、アジアの事業を適応させ、また新しい事業へと多様化させた。そうしてアジアの事業はより強くなった。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます