解説!1日5分ビジネス英語
2014/12/18

Working hours and employee output 労働時間と従業員の生産量

今回の記事は「労働時間と従業員の生産量」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSlow Down

Hence, employers should acknowledge the fact that longer work hours do not increase work output.

このことから、雇用主側は長時間働くことは労働生産量を増やさないことを理解するべきである。

respectively=【副】それぞれ、各々、個々に という意味になります。

ボキャブラリー

  • conduct : [verb] を行う。(活動などの何か)を計画して行うこと
  • output : [noun] 生産、産出。人または物によって生産される何かの量
  • diminish : [verb] 減少する。少なくする
  • acknowledge : [verb] 認める、同意する。(何か)が真実である、またはその存在を受け入れると言うこと
  • conclusion : [noun] 結論。思案または調査を行った後に持つようになった意見または判断

日本語訳

最近、スタンフォード大学のジョン・ペンカベル氏は、労働時間と従業員の生産量の関連性に関する調査を行った。

ペンカベル氏は、労働の生産量は労働時間が減った時に良くなることを発見した。また、1週間毎日働くことは人々の作業効率を減少させることも。従って日曜日に休暇をとることは理に適っている。ペンカベル氏は発見した。現に、哲学者のバートランド・ラッセルと経済学者のジョン・メイナード・ケインズは、1930年代に彼らが行った研究で同様の結果に至った。

経済協力開発機構(OECD)によると、多くの組織において変化は既に起きているという。1990年および2012年の人々の労働時間を比較した時に、OECDは労働時間が2012年に減少したことを発見した。このことから、雇用主は長時間働くことは労働生産量を増やさないことを理解するべきである。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます