解説!1日5分ビジネス英語
2015/01/28

Verizon reports higher quarterly revenue, but a net loss ベライゾン、四半期収入が増加するも純損失

今回の記事は「ベライゾン、四半期収入が増加するも純損失」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

Since 2011, more than 800,000 customers have moved from copper to FiOS.

2011年以来、800万人以上の顧客は銅線からFiOSに変更した。


FiOS(Fiber Optic Service)とは米国のベライゾンが消費者に提供している通信サービスである。「FiOS」はアイルランド語で知識という意味。典型的なFiOSパッケージには、高速インターネットアクセスとケーブルTVおよび基本的な電話サービスが含まれている。

Post-employment benefitsとは、従業員が退職後に受け取り始める諸手当である。これらには、生命保険の掛け金、健康保険の掛け金、他の手当などが含まれる。

ボキャブラリー

  • outcome : [noun] 結果。工程、会合、活動などの最終結果
  • connection : [noun] 接続、関係。電話またはコンピューターネットワークを使用する通信手段
  • net : [adj] 純。税金や費用を引いた後の合計金額
  • service provider : [noun] サービス提供者。顧客にインターネットへの接続を提供する会社
  • transfer : [verb] 移動させる、渡す。別のグループ、職業、またはサービスに移動させる

日本語訳

ベライゾンが1月22日に発表した2014年第4四半期の結果によると売上高は6.8%上昇しており、同社の携帯事業および固定通信事業の業績は順調なように見える。しかし、利益でベライゾンは22.3億ドルの純損失を計上した。

高い売上高は、第4四半期中に追加した210万人の新規契約の結果である。合計契約者数は1億820万人になる。新規加入者には、4G LTEタブレットの140万人の契約が含まれている。

一方、同四半期中の純損失の一因は、通信市場の激しい競争である。競争の激化により、ベライゾンの契約価格は最低レベルまで下がった。他の理由には、退職者の経費、上昇する周波数の価格、別のサービス会社に移動した顧客などが挙げられる。

ベライゾンは、ブロードバンドの顧客を銅線からFiOS接続に移動させている。2011年以来、800万人以上の顧客は銅線からFiOSに変更した。2015年末までに、さらに20万人が変更するだろう。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます