解説!1日5分ビジネス英語
2015/02/03

USB and lightning ports sound the death knell of the headphone jack ヘッドホンジャックを終焉に追い込むUSBとライトニングポート

今回の記事は「ヘッドホンジャックを終焉に追い込むUSBとライトニングポート」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

While Apple has announced its decision to move to headphones that connect via the lightning port, Google’s Android Lollipop provides support for USB audio.

アップルは、ライトニングポート経由で接続するヘッドホンに移行することを発表したが、グーグルのAndroidロリポップはUSBオーディオのサポートを提供する。


death knell =knellそのものの意味は【自他動】死を予告するという意味。death knellは弔いの鐘、弔鐘を指します。

ボキャブラリー

  • traditional : [adj] 従来の、これまでの。人々が通常行っている典型的なこと
  • generation : [noun] 世代。社会で、ほぼ同じ時代を生活してきた人たち
  • omit : [verb] 省略する。誰かまたは何かを含めないこと
  • practical : [adj] 実際的な、実用的な。実情や状況に関連している
  • utility : [noun] 有用、有用性。便利なこと、効率的である

日本語訳

従来のヘッドホンジャックは、ほとんどのモバイル端末に設置されている。しかし、テックアナリストは、数世代以内に、ほとんどのスマートフォンは3.5mmジャックを設置しないようになると予想している。ヘッドホンジャックにはもはや実用性がないからだ。これは、スマートフォンとヘッドホンメーカーの両方がUSBやライトニングポート経由で接続できるヘッドホンに移行しているのが理由である。

アップルは、ライトニングポート経由で接続するヘッドホンに移行することを発表したが、グーグルのAndroidロリポップはUSBオーディオのサポートを提供する。ヘッドホンメーカーの中で、フィリップスは最初のUSBヘッドホンとしてFidelio M2Lを市場に投入した。同製品はチャージングポートを使用してiPhoneおよびiPadに接続できる。

ヘッドホンジャックは長い年月を経て6.35mmから3.5mmに縮小されたが、それでも今日のスリムな電話の中で最も大きな部品のひとつである。したがって、携帯電話メーカーは、端末を今よりもさらに薄くするために、完全に取り除くことを考えている。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます