解説!1日5分ビジネス英語
2015/04/15

Internet from the skies 空からインターネット

今回の記事は「空からインターネット」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSlow Down

OneWeb plans to launch 648 low-cost satellites that can orbit at a low altitude of 1200 kilometers.

OneWebは、1200キロメートルの低高度で軌道に乗る、648機の低価格の人工衛星を打ち上げる計画をしている。


ご参考までにBusiness English Proの中級レベルの英文となります。かなり情報が増えます。

Many parts of the world are still outside the reach of the Internet because of technical limitations. However, several companies are building innovative technologies to widen the reach of the Internet to almost all parts of the world. According to 2014 data, 39% of the global population, which is close to 3 billion people, has access to the Internet. That leaves another 4 billion that are living without the Internet. However, at least four tech companies are evolving their strategies to bring the Internet even to these spread-out areas. Google is already testing hundreds of helium balloons that can be guided around and stay airborne for several months to provide connectivity to remote areas. SpaceX and OneWeb are experimenting with satellites that can provide connectivity to large tracts of inhabited land. On the other hand, Facebook is planning to unleash hundreds of solar-powered, propeller-driven drones that can fly over specific areas that do not have Internet connectivity. Greg Wyler, the founder of OneWeb, plans to launch 648 low-cost satellites that can orbit at a relatively low altitude of 1200 kilometers. Each satellite is expected to cost $350,000 and the project has a total outlay of approximately $2 billion. On the other hand, the satellites of SpaceX will be more complex and expensive, but they can cover wider tracts of land. SpaceX has a cost outlay of about $10 billion for this project. The satellites from SpaceX and OneWeb will be ready for the market by 2020, while Google expects to start commercial trial of its balloons as early as next year. However, all these companies will have to get the necessary regulatory approval to make global Internet a reality.


ボキャブラリー

  • connectivity : [noun] 接続性、接続能力。他のコンピューターまたはプログラムに接続するコンピューターの機能
  • remote : [adj] 遠い、遠く離れた。他の都市、街、または人々から遠く離れた
  • experiment : [verb] 実験。どのような結果になるか調べるために、新しいアイデア、方法、または活動を試すこと
  • relay : [verb] 中継する。テレビまたはラジオ信号を受信して放送すること
  • cover : [verb] を含む、を対象として含む。含む、または取り組む

日本語訳

グーグル、スペースエックス、OneWeb、およびフェイスブックは、インターネットなしで生活している約40億の人々にインターネットを提供する技術を開発している。

グーグルは、遠隔地にインターネットを提供するために、継続的に数カ月間飛行できるヘリウムの気球をすでに何百もテストしている。スペースエックスとOneWebは、インターネット信号を広範囲の地理的地域に中継できる人工衛星の実験を行っている。一方、フェイスブックは、インターネット回線がない多くの地域をカバーできる何百もの太陽動力のドローン(無人機小型飛行機)を飛ばす計画を立てている。

OneWebは、1200キロメートルの低高度で軌道に乗る、648機の低価格の人工衛星を打ち上げる計画をしている。人工衛星1機の費用は、35万ドルになる予定だ。他方では、スペースエックスは約100億ドルを費やして、人工衛星を開発するつもりである。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます