解説!1日5分ビジネス英語
2015/07/15

Microsoft’s Nokia buyout: A deal that didn’t work out 結果を出せなかったマイクロソフトのノキア買収

今回の記事は「結果を出せなかったマイクロソフトのノキア買収」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSlow Down

Combined with last year’s 18000 job cuts from the Nokia division, it is clear that Microsoft has given up its ambitions to be a smartphone company.

昨年のノキア部門からの1万8000人の削減と合わせると、マイクロソフトがスマートフォン企業になる野望を諦めたのは明らかだ。

seal=【他動】印を押す、確認する、認める

belie=【他動】(予想などを)裏切るという意味です。発音に注意しましょう。

write off=【句動詞】債権を切り捨てる、ご破算にするという意味でよく使われます。

ボキャブラリー

  • outgoing : [adj] 辞任する。特定の職を離れること
  • belie : [verb] 矛盾する。間違っていると示すこと
  • expectation : [noun] 期待。何かが起こるまたは起こる可能性があるという確信
  • hindsight : [noun] 後知恵、後講釈。何かが起こった後に分かる、そのことに関する知識や理解
  • grave : [adj] 深刻な、重大な。大きな損害を発生させる可能性がある

日本語訳

マイクロソフト前CEOのスティーブ・バルマー氏は、辞任する直前の2013年にノキアを72億ドルで買収した。しかし、期待に反して、マイクロソフトはノキアの携帯電話事業を買収した後に、スマートフォンのマーケットシェアを失い続けた。

7月8日に大きな変更があり、サティア・ナデラ現CEOはノキア部門から7800人を削減すると発表した。またマイクロソフトはノキア買収に関連する76億ドルを減損処理する。

昨年のノキア部門からの1万8000人の削減と合わせると、マイクロソフトがスマートフォン企業になる野望を諦めたのは明らかだ。結果的に、バルマー氏のノキアを買収する判断は重大なミスだった。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます