解説!1日5分ビジネス英語
2015/10/22

Flying boats back in business 水上飛行機が復活

今回の記事は「水上飛行機が復活」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

All this makes the aircraft ideal for emergency operations, including firefighting and humanitarian relief efforts, where short take-off and landing capabilities are needed.

同機の航続距離は5,000キロメートルで、50人の乗客と最大53.5トンの重量を乗せて離陸できる。これらによって、同機は短距離での離着陸機能が必要な消火活動や人道救援活動における理想的な航空機になっている。



have a range of 5,000 km=航続距離は5,000キロにわたる、5,000kmの射程(距離)を持つ

back in business= (仕事など)中断していたものを、復活する、再開する

amphibious=【形】水陸両生の それから今回のように〔自動車、航空機などが〕水陸両用の

ボキャブラリー

  • runway : [noun] 滑走路。航空機が離着陸する固い地面
  • assemble : [verb] 組み立てる。機械または物体の構成部品をつなげること
  • ideal : [adj] 理想的な。完璧なもの、最適なものの概念を満足させること
  • seafaring : [adj] 船旅の、航海中に起こる。船で旅をすること
  • popular : [adj] 人気のある、評判がよい。多くの人が欲しがっているものに対して使われる

日本語訳

1930年代や1940年代に水陸両用の航空機はとても人気があった。一部は裕福な旅行者によって使用され、その他は軍事用だった。しかし、水上飛行機は、第二次世界大戦で使用した滑走路の多くが民間用に変更されたこともあって、その役目を失った。

水上飛行機を復活させるために、China Aviation Industry General Aircraft(CAIGA)は、世界最大の水陸両用航空機になるJiaolong(Water Dragon) AG600を組み立て始めた。同機の航続距離は5,000キロメートルで、50人の乗客と最大53.5トンの重量を乗せて離陸できる。これらによって、同機は短距離での離着陸機能が必要な消火活動や人道救援活動における理想的な航空機になっている。さらにその航海能力によって、同機は水面や滑走路がない辺んぴな場所で着陸できる。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます