解説!1日5分ビジネス英語
2015/11/06

Hydrogen-powered cars: The race is on 水素燃料自動車:レースの始まり

今回の記事は「水素燃料自動車:レースの始まり」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

While hydrogen cars have a higher driving range than electric cars, the main problem is the scarcity of refueling stations.

水素燃料電池車は電気自動車に比べて航続距離が長いのですが、主たる問題点は水素ステーションが非常に不足しているということです。


ボキャブラリー

  • scarcity : [noun] 不足、欠乏。量または供給が十分でないこと、不足すること
  • leap : [noun] 飛躍、躍進。考え方や行動の大きな変化
  • emit : [verb] 放射する。何かを空気中に送ること、特にガス、光、または熱など
  • range : [noun] 航続距離。乗り物が航行できる距離
  • claim : [verb] 正当な資格。通常は証拠や証明を提供することなく、何かが本当であると述べること

日本語訳

自動車業界は水素燃料電池自動車を生産することで既に次の段階に入っています。日本の自動車業界はこのテクノロジーに関してリードする立場にあり、トヨタとホンダの両社が最新の水素燃料自動車を導入することで躍進を遂げています。

トヨタのミライは水だけを排出する自動車ですが、英国の市場に6万6,000ポンドの価格で参入しました。一方、ホンダは先週東京モーターショーで新型の水素燃料電池自動車 (FCV) クラリティを公開しました。

トヨタのミライは水素を1回充填するごとに (コストは約50ポンド) 最大で300マイルの航続距離を持っています。その一方、ホンダの新型クラリティは400マイルの航続距離があるとされています。

水素燃料電池車は電気自動車に比べて航続距離が長いのですが、主たる問題点は水素ステーションが非常に不足しているということです。英国にはヘンドン、スウィンドン、そしてヒースロー空港と3つの水素ステーションしかありません。他方では、日本には80以上の水素ステーションがあります。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます