解説!1日5分ビジネス英語
2016/04/14

Virgin America and Alaska Airlines: How they stack up on the eve of a merger ヴァージン・アメリカとアラスカ航空、合併前の順位

今回の記事は「ヴァージン・アメリカとアラスカ航空、合併前の順位」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

Second, only about four out of every 1 million passengers on Alaska complain, less than half Virgin's rate.


二つ目に、アラスカ航空の乗客100万人あたり4人しか苦情を申し立てていない。これはヴァージン・アメリカの割合の半分未満だ。



stack up=【動】〔物が〕積み重なっている【句動】達する

ボキャブラリー

  • bag : [verb] 勝ち取る。他の人に取られる前に手に入れること
  • evaluate : [verb] 評価する。判断を下す前に何かについて注意深く考えること
  • score : [verb] 得点する、記録する。テストで点を取る
  • handling : [noun] 処理する、取り扱う。手などで何かを取り扱う方法
  • acquire : [verb] 取得する。(資産や物を)購入または獲得する

日本語訳

アラスカ航空は格安航空会社ヴァージン・アメリカを40億ドルで買収する。ヴァージン・アメリカは最近の航空会社品質評価調査で1位になった。同調査は、定刻通りの到着や手荷物の処理などの要因に基づいて米航空会社を評価する。一方、アラスカ航空は同調査で5位だった。

その評価によると、アラスカ航空はヴァージン・アメリカよりも手荷物の処理で問題が発生する確率が約3倍高く、また乗客をオーバーブッキングさせることが約5倍多い。

しかし、アラスカ航空は2つの項目でヴァージン・アメリカよりも高く評価された。まず、アラスカ航空のフライトの87%はヴァージン・アメリカのフライトよりも定刻に到着している。二つ目に、アラスカ航空の乗客100万人あたり4人しか苦情を申し立てていない。これはヴァージン・アメリカの割合の半分未満だ。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます