解説!1日5分ビジネス英語
2016/05/04

Inaction by the Bank of Japan stirs uneasiness in the economy 日銀の現状維持、経済の不安をあおる

今回の記事は「日銀の現状維持、経済の不安をあおる」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。


この動画は面白いですね!!



本日のSentence

Deflation is also a major factor with the CPI declining by 0.3% in March.


消費者物価指数が3月に0.3%減少したので、デフレーションも大きな要因である。



disturb=【他動】阻害する、妨げる

supply chain=サプライ・チェーン、供給プロセス

register=【自動】登録する、これ以外にも「記録される」という意味もあります

ボキャブラリー

  • reform : [noun] 改装する。況を正すための変更。またはシステムをより効果的に動くようにすること
  • register : [verb] 登録する。示すことまたは記録すること
  • affect : [verb] 影響を及ぼす。影響を与えること
  • pressure : [noun] 圧力。誰かまたは何かの影響力または効果
  • responsible : [verb] 責任を負うべき。何かの原因になる

日本語訳

日銀の黒田東彦総裁は、4月28日の金融政策決定会合で現状を維持すると決定し、周囲を驚かせた。アナリストによると、この現状維持は経済に悪影響を及ぼしているという。

改革を起こしたくないという日銀の姿勢は、円高を引き起こし、日経225種平均株価の下落につながった。4月29日、円は2008年の金融危機以後、1週間あたり最大の上昇を記録した。日銀の発表後、円は3%上昇した。1ドルは106円で取引されている。これは輸出業者にマイナスの影響を与えるだろう。

過去に、黒田総裁は行動を起こすように国会から圧力をかけられていた。もしかすると、今回黒田氏が行動しなかったのは、それが原因かもしれない。

次の四半期は日本にとって厳しいかもしれない。最近、熊本県で発生した地震がサプライチェーンを混乱させたからだ。消費者物価指数が3月に0.3%減少したので、デフレーションも大きな要因である。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます