解説!1日5分ビジネス英語
2016/05/07

Being Whistleblowers at work 職場で内部告発者になる

今回の記事は「職場で内部告発者になる」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。





本日のSentence

Whistleblowing should also be encouraged among the employees as this practice promotes a transparent structure and effective work culture.


従業員の間で内部告発も奨励されるべきだ。内部告発は会社をガラス張りにして、効率的な労働文化を促進するからだ。



malpractice=【名】医療ミス, 違法行為

transparent=【形】透き通った、透明な

consequence=【名】結果

ボキャブラリー

  • corruption : [noun] 汚職。利己的な利益(特に現金)の獲得や不正行為のために自分の地位を利用すること
  • harsh : [adj] 厳しい。面白くなく、受け入れがたい
  • threat : [noun] 脅威。問題、損害などを引き起こす可能性がある誰かまたは何か
  • practice : [noun] 慣行、慣例。通常のこととして(何かを)定期的またはいつもすること
  • communication : [noun] 対話、意思の疎通、伝達。情報交換または情報を伝えるために、言葉、音、しぐさ、または動作を使う行為

日本語訳

内部告発者は汚職や他の不正行為を暴く重要な役割を果たしている。しかし、多くの場合、内部告発者はそのような行為を公にしたことで、脅迫、訴訟、脅しなどの厳しい結果に直面することになる。

すべての組織は従業員が正直であることを求めている。従業員は、組織の目標を達成し、組織のビジョンやミッションを実現させることに専念するように見られている。

同様に、従業員の間で内部告発も奨励されるべきだ。内部告発は会社をガラス張りにして、効率的な労働文化を促進するからだ。また、これは顧客と組織の間に明確なコミュニケーションが存在するようにする。プライスウォーターハウスクーパースの監査役であったAntoine Deltour氏は、「ルクスリークス」事件に関与したことで裁判にかけられた。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます