解説!1日5分ビジネス英語
2016/05/24

Riding on carbon dioxide: The future of car seats 二酸化炭素に乗る、車の座席の未来

今回の記事は「二酸化炭素に乗る、車の座席の未来」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。



短い動画ですがお時間があれば・・



本日のSentence


It sucks the polluting gas from the air and simultaneously reduces the demand for new oil drills.


大気から汚染ガスを吸引し、同時に新規の石油掘削の需要を減少させる。



petroleum-based=石油系の

polluting=汚染された

ボキャブラリー

  • custom : [noun] 習慣、慣習、風習。一般的な方法、よく行われていること
  • trap : [verb] 陥れる、つかまえる。制限された場所に置くこと
  • emit : [verb] 放射する。何かを空気中に送ること、特にガス、光、または熱など
  • foam : [noun] 発泡樹脂製品。さまざまな、軽い、多孔性で半硬質の材質
  • suck : [verb] 吸う、吸い込む。誘引する

日本語訳

自動車メーカーのフォードは、過去に自社の車に農業製品を使用したことがある。1941年までさかのぼるが、フォード創業者ヘンリー・フォードは大豆からつくったプラスチックの車を製造した。その慣習に従って、フォードは次の5年間に二酸化炭素から車の座席を製造すると発表した。これは業界初の試みになる。

フォードは業界で放出された二酸化炭素を取り込んで、座席を製造するために使用するつもりだ。二酸化炭素系の発泡樹脂製品は、温暖化に対する答えなのかもしれない。開発に成功すれば、石油系プラスチックや発泡樹脂に取って代わる可能性がある。

したがって、座席に二酸化炭素を使用することには、2つのメリットがある。大気から汚染ガスを吸引し、同時に新規の石油掘削の需要を減少させる。フォードによると、石油発泡樹脂の代わりに二酸化炭素を使用すれば年間6億ポンドの石油を節減することになるという。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます