解説!1日5分ビジネス英語
2016/07/26

Ontario to reward whistleblowers オンタリオ州、内部告発者に報奨金

今回の記事は「オンタリオ州、内部告発者に報奨金」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

The OSC has the right to determine how much will be paid to a whistleblower, which could range between 5% and 15% of the proceeds collected by the regulator.


OSCは、内部告発者にいくら支払われるかを決める権利を有している。金額は当局によって回収された収入の5~15%の間になる。



proceed=【名】収益、利益、売上高、売却代金

subject to=《be ~》〔法律・法則・規則など〕の支配下[影響下]にある政府(機関)・管理組織など〕の認可[承認]を必要とする 《be ~》~しがちである、

ボキャブラリー

  • regulator : [noun] 監督当局。特定の業界または事業活動を監督する人または機関
  • subject : [adj] 対象者、被験者。頼っている、または条件つきの
  • program : [noun] 計画、プログラム。目標に向けて行動を取る計画やシステム
  • determine : [verb] 決める、判断する。調査または計算に基づいて確認する、または定める
  • province : [noun] 州、省。国の重要な管理部門

日本語訳

カナダ最大の証券取引監視委員会であるオンタリオ証券委員会は、内部告発者の部署を立ち上げた。これはカナダの証券取引監視当局による最初の報奨金を出す内部告発者制度になる。

この制度によって、オンタリオは、訴訟につながる情報を提供した内部告発者に最大500万ドルの報奨金を出す、カナダで最初の州になる。

しかし、報奨金には一定の条件が適用される。OSCは、内部告発者にいくら支払われるかを決める権利を有している。金額は当局によって回収された収入の5~15%の間になる。



本日のトピックとは違いますが、OSCがこうしたことにも取り組んでいるのですね。


SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます