解説!1日5分ビジネス英語
2016/09/29

Aquaculture could help build bluefin tuna stock 水産養殖でクロマグロの漁獲高を増やす

今回の記事は「水産養殖でクロマグロの漁獲高を増やす」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

However, the Kindai University Fisheries Laboratory has shown that aquaculture could help build up stocks of the much sought-after fish.


しかし、近畿大学水産研究所は、水産養殖でクロマグロの在庫を増やせることを示した。

sought-after=【形】求められている 人気の、好評の、引っ張りだこの

ボキャブラリー

  • consume : [verb] 消費する。(なにか)を食べたり、飲んだりすること
  • catch : [noun] つかまえる。捕まえられた魚の量
  • stock : [noun] 物を蓄える、入れる。利用可能な量、供給量
  • peak : [noun] ピーク、頂き。何かが最高潮または最大である時期
  • regulation : [noun] 規定。規則

日本語訳

日本は年間約40,000トンのマグロを消費する。その80%は日本国外で漁獲されている。しかし、この高い消費量は危ぶまれている。国際科学委員会が発表したリポートによると、太平洋のマグロの漁獲量は、1960年代前半のピークから97%減少したからだ。

漁獲量の減少は、許容限度のほぼ3倍に相当する過剰漁獲が主な原因である。国際科学委員会によるレポートは、マグロ漁にさらに厳しい規制をもたらすだろう。

しかし、近畿大学水産研究所は、水産養殖でクロマグロの在庫を増やせることを示した。近畿大学水産研究所は、新しい技術で養殖マグロの出荷数を2020年までに3倍にできると予想している。

今話題の築地市場についての英語による説明です。わかりやすいと思います。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます