解説!1日5分ビジネス英語
2017/02/11

Avoid left turns to save big bucks, says UPS UPSの戦略、コスト削減のために左折を避ける

今回の記事は「UPSの戦略、コスト削減のために左折を避ける」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

Imagine a future world where everyone follows the UPS strategy.
The savings on fuel and carbon emissions would be huge and the roads might be freer to drive.


だれもかれもがUPSの戦略をとる未来を想像してみよう。燃料や二酸化炭素排出量の節約は非常に大きいだろう。道路も運転しやすくなるかもしれない。



thereby=【副】それによって、従って

onrush=【名】突進、奔流、今回は対向車の流れですね。

buck=【名】お金  Green Buckと言えばドル紙幣の事を指します。実際に緑が勝っていますからね。

ボキャブラリー

  • strategy : [noun] 戦略。長期もしくは全体的な狙いを達成させるための行動計画。
  • estimate : [verb] 見積る、推定する。(何か)の価値、規模またはコストについて一般的な概念を与えるか、形成すること
  • deliver : [verb] 配達する。何かを持って行って他者へ手渡す、または置いていくこと
  • logic : [noun] 論理性。説明やアイデアが、良識に基づく、または合理的であるということ
  • ease : [verb] 和らげる、軽減する。少なくなる

日本語訳

物流世界大手のUPSは、何百万ガロンの燃料を節約し、より多くの荷物を運び、二酸化炭素排出量を減らすことができる戦略を編み出した。左折をしないことだ。

UPSの概算では、同社はこの戦略で約1,000万ガロンの燃料を節約し、二酸化炭素排出量を22,000トン削減し、毎年350,000個の荷物を多く送付することができた。なお、UPSは配達用トラックの数を1100台少なくし、合計移動距離を2,850万マイル削減することができた。

この方法の意味は、左折をすると対向車の流れに入ることになって事故の確率を増やし、横切る前に対向車の流れが少なくなるまで待つことでより多くの燃料を消費してしまうということだ。

だれもかれもがUPSの戦略をとる未来を想像してみよう。燃料や二酸化炭素排出量の節約は非常に大きいだろう。道路も運転しやすくなるかもしれない。



UPSの右折推奨戦略についての動画です


SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます