解説!1日5分ビジネス英語
2017/05/04

スペースX、米政府のスパイ衛星を打ち上げ SpaceX to launch a spy satellite for the United States government

今回の記事は「スペースX、米政府のスパイ衛星を打ち上げ」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

The NRO operates Earth-observation satellites and has launched 25 satellites since 2006.


NROは地球観測衛星を運営しており、2006年以降、25機の人工衛星を打ち上げている。



award=【他動】(契約を)発注する

reconnaissance=【名】偵察、偵察衛星

Launch window=宇宙飛行において使われる用語で、ある特定の打ち上げ機(ロケット、スペースシャトル等)が打ち上げられなければならない時間帯、もしくはその時間帯が存在する期間を指す。 日本語ではローンチウィンドウ、発射時限とも呼ばれています。

ボキャブラリー

  • launch : [verb] 発売する。ロケットや宇宙船を打ち上げること
  • payload : [noun] ペイロード。収益を生む車両の搭載量
  • interaction : [noun] 交流。相互作用または影響
  • contract : [noun] 契約。2者もしくは2事業者間の文書による法的な同意
  • operate : [verb] 操作する、運営する。プロセスまたはシステムの働きをコントロールすること

日本語訳

スペースXは、4月30日午前7時に米国家偵察局(NRO)のために同社初となる機密のペイロードを打ち上げる。スペースXが機密宇宙ミッションに携わったのはこれが最初ではない。同社は2006年に米空軍基地で新型ロケットを実験していた。

スペースXとNROとの契約は、契約が締結されてからも、ほぼ3年間秘密にされていた。NROL-76と名付けられた貨物船も公表されていない。1回の打ち上げにかかる費用は、1億ドルに届くと予想されている。

NROは地球観測衛星を運営しており、2006年以降、25機の人工衛星を打ち上げている。



NROL-76 打ち上げの模様が中継されています


SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます