解説!1日5分ビジネス英語
2017/05/09

はっきりしない米貿易政策 Which way is U.S. trade policy headed?

今回の記事は「はっきりしない米貿易政策」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

However, violation of the WTO principles by the U.S. might set a bad example for other countries.

しかし、米国がWTOの基本方針に違反することは、他国にとって悪い前例をつくることになるかもしれない。



ボキャブラリー

  • bilateral : [adj] 双方の、両党の。両者に同等に影響を与える、二国間の
  • draft : [verb] を草案する。(書類)の暫定版を準備する
  • principle : [noun] 原理、原則、思想。基本的な考え方、理論、なにかが行われる方法に大きな影響を持つ規則
  • dispute : [noun] 紛争、論争。議論、討論
  • violation : [noun] 違反。法律や規則によって許可されていない何かをする行為

日本語訳

トランプ氏が環太平洋経済連携協定(TPP)を離脱して以来、またNAFTAを改正する動きがないことから、米国の貿易政策はずっとニュースになっている。多国間協定よりも二国間協定がより重要視されている。

通常、貿易政策に関する質問は米議会に委ねられ、議会は質問を米通商代表部(USTR)に通す。はっきりした貿易政策が遅れている理由はたくさんある。そのひとつは、政策を草案するチーム間の意見の相違だ。

一方、メキシコに対するトランプ政権の敵意から、メキシコは、中国、南米諸国、および欧州連合との貿易協定を求めざるを得なくなった。

世界貿易機構は紛争を解決する公式機関だが、ドナルド・トランプ氏は自らが脅威を見なした問題を独自に調査して解決しようとしている。 しかし、米国がWTOの基本方針に違反することは、他国にとって悪い前例をつくることになるかもしれない。



トランプ大統領にとってWTOは眼中にないようです。


SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます