解説!1日5分ビジネス英語
2017/06/01

麻薬密輸の鳩 The drug-peddling pigeon

今回の記事は「麻薬密輸の鳩」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

In Colombia, the pigeon was carrying 40 grams of marijuana, while in Costa Rica the pigeon was the carrier for cocaine and cannabis.


コロンビアでは、鳩は40グラムのマリファナを運んでいたが、コスタリカでは鳩はコカインと大麻の運び屋だった。



intended for=~向きの、

sought after as=《be ~》~として引っ張りだこになる

cannabis=【名】大麻

narcotic=【名】麻酔薬、睡眠薬、麻薬

ketamine=【名】ケタミン

smuggler=【名】密輸業者、密輸入者

ボキャブラリー

  • smuggler : [noun] 密輸業者。違法に物品を輸送する人
  • glue : [verb] 接着する。留めたり、結合したりする
  • carrier : [noun] 運ぶ人。何かを運ぶ、保持する、または伝える人や物
  • criminal : [noun] 犯罪者、犯人。違法な活動を行う人
  • deliver : [verb] 配達する。何かを持って行って他者へ手渡す、または置いていくこと

日本語訳

イラク国境付近のクウェートの町、アブダリの役人が、新たな種類の麻薬密輸犯を捕まえた。その犯人は、小さなバッグを背中に接着された伝書鳩だった。このバッグには、ケタミンを含む178の丸薬が入っていた。

伝統的に伝書鳩はメッセージを伝えるために使われてきた。しかし、薬物密輸業者のギャングは、麻薬を運ぶために鳩を訓練したようだ。

その犯行を裏で操っている犯罪者を特定する証拠はないが、2011年と2015年にコロンビアとコスタリカから同様の事件が先に報告されている。コロンビアでは、鳩は40グラムのマリファナを運んでいたが、コスタリカでは鳩はコカインと大麻の運び屋だった。どちらの場合も、その配達は明らかに刑務所内のためのもので、入手困難な違法薬物だった。



鳩の背中に付けられたバッグ・・ちょっと鳩には気の毒です。


SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます