解説!1日5分ビジネス英語
2017/07/19

日本でヒアリの脅威 The threat of fire ants in Japan

今回の記事は「日本でヒアリの脅威」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

Other countries like Australia and China are still having problems with the insect.

オーストラリアや中国など国は、まだヒアリの問題を抱えている。


extant=【形】現存の、実在の、今なお失われずに残っている

deal with=【句他動】問題などに取り組む、

unload=【他動】荷物を降ろす

ボキャブラリー

  • bite : [verb] かむ、かみつく。歯を使って食い込むこと
  • sting : [noun] 刺す。鋭いうずき、または焼けるような痛み
  • shock : [verb] 衝撃、激突。突然の、予期しない、通常は不快な出来事または経験
  • extant : [adj] 現存している。まだ存在する
  • volume : [noun] 量。何かの量

日本語訳

日本の環境省は、1匹の女王アリを含む、少なくとも150匹のヒアリ(Red Imported Fire Ants: RIFA)が大阪港から駆除されたと発表した。

ヒアリは、焼けたような痛みを生じさせる毒で刺し、極端な場合では犠牲者は死に至ることがある。ヒアリは一日に2000~3000個の卵を産むと言われており、駆除することはほぼ不可能である。

大阪とは別に、日本の他の15の港において、ヒアリが拡散していないか検査されている。当局は、特に大量の輸入品を受け取る、東京や横浜の港に陸揚げされた品物を検査している。

2001年にニュージーランドは、ヒアリを駆除するために、二年間で約883,500ドルを費やさなければならなかった。オーストラリアや中国など国は、まだヒアリの問題を抱えている。その危険性は、北米にも現存している。ある調査によると、ヒアリはほぼすべての農業活動に影響を及ぼす可能性があるという。



なんと言う人でしょう!ヒアリの巣の中に素手を!?


SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます