解説!1日5分ビジネス英語
2017/10/25

都市がアマゾンの第2本社を奪い合い Cities vie for Amazon’s second home

今回の記事は「都市がアマゾンの第2本社を奪い合い」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence


It now remains to be seen how many bids match Amazon’s requirements.


それらの入札のいくつがアマゾンの要件に適しているかは、現時点では不明である。


v

ボキャブラリー

  • invitation : [noun] 招待。誰かに何かをするように誘う行為
  • match : [verb] に対応する、と調和する。(水準や品質)に到達する、または匹敵させる
  • availability : [noun] 入手できること。使用または入手できること
  • employ : [verb] 雇用する。誰かのために定期的に仕事をする者、または誰かの組織のメンバーとして働く者に報酬を支払うこと
  • promote : [verb] 促進する。支援する、または(大義、事業など)積極的に勧めること

日本語訳

アマゾンは現在の本社があるシアトルで、40,000人以上の従業員を雇用している。今、アマゾンは米国かカナダで2番目の拠点を設立しようとしている。その案内を受けて、100以上の都市が名乗りを上げた。勝ち取った都市は、約50億ドルの投資と50,000人の雇用をアマゾンから受け取る可能性がある。

多くの都市はアマゾンに税の軽減を提供したり、インフラや不動産を売り込んだりしている。ボストン、マイアミ、シカゴ、ニューアーク、ピッツバーグ、カンザスシティー、トゥーソンのような米国の都市が入札を行っている。多くのカナダの都市もアマゾンの第2本社の入札を行っていると、ロイター通信社は報じている。トロント、カルガリー、モントリオール、バンクーバーなどだ。

それらの入札のいくつがアマゾンの要件に適しているかは、現時点では不明である。アマゾンは、企業に優しく、人口100万人以上で、国際空港があり、技術者が豊富にいる都市を探している。



Amazonの第2の本社をどこにするのか?


SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます