解説!1日5分ビジネス英語
2018/01/17

宇宙ごみを取得する新しい衛星 New satellite to capture space debris

今回の記事は「宇宙ごみを取得する新しい衛星」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

It can then fire a harpoon at the target to pierce some items and haul them in.


そして目標に向かって銛(もり)を打ち込んで、突き刺して、ごみを引っ張る。


ボキャブラリー

  • junk : [noun] 廃品、くず。役に立たないと考えられている物
  • orbit : [verb] の周りを回る。を動き回る
  • defunct : [adj] 使用されていない。機能していない
  • fleck : [noun] 少量、細片。とても小さな断片
  • particle : [noun] 微粒子、微小な粒。極めて小さなもの

日本語訳

宇宙にはたくさんのごみが存在する。現在約7,500トンのごみが地球の周りを回っている。ごみは、使用されなくなった人工衛星やロケットの部品やナット、ボルト、金属粒子、さらには塗装の細片など、多岐にわたる。これらのごみは、衛星や宇宙船の業務にとって深刻な脅威になる場合がある。そのような危険を減らすために、サリー・サテライト・テクノロジーは宇宙ごみを回収できる衛星、RemoveDEBRISをつくった。

この衛星は、4つの実験を行うよう設計されている。最初の2つは一組のCubeSats(全長10センチの超小型衛星)の打ち上げを含む。CubeSatsのひとつは、RemoveDEBRISのセンサーを試す。3回目の実験でRemoveDEBRISは、宇宙ゴミをつかむことができる長さ1.5メートルの腕を伸ばす。そして目標に向かって銛を打ち込んで、突き刺して、ごみを引っ張る。

最後の実験では、RemoveDEBRISと回収したごみ自体が、宇宙ごみにならないか確認する予定だ。



衛星 RemoveDEBRISの仕組み、仕事ぶりが分かりやすく映像化されていますね


SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは The Economist や The Financial Times などの一流のビジネス誌!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます