解説!1日5分ビジネス英語
2018/03/15

思ったより早く実現しそうな空飛ぶ車 Flying cars are coming sooner than you think

今回の記事は「思ったより早く実現しそうな空飛ぶ車」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

However, the main problem of flying cars was that they required a runway to take off and land.


しかし、空飛ぶ車の主な問題は、離陸や着陸に滑走路を必要とすることだった。


ボキャブラリー

  • future : [noun] 将来、未来。まもなく起こる、または起こる可能性がある出来事
  • hitch : [verb] ヒッチハイクする。乗り物を確保する
  • book : [verb] 予約する。予約する、前もって購入する
  • certificate : [noun] 証明書。掲載されている情報が本当であることを示す書類
  • runway : [noun] 滑走路。航空機が離着陸する固い地面

日本語訳

多くの企業は空飛ぶ車のアイデアに取り組んでいる。今後、空飛ぶ車を所有したり、タクシーを予約するように、スマートフォンアプリを使って車に乗せてもらったりすることが可能になるかもしれない。

このアイデア自体は目新しいものではない。フォード社の創業者ヘンリー・フォードは、1920年には空飛ぶ車のことを考えていた。1970年にフォードは、飛行する認可を取った最初の空飛ぶ車である、エアロカーを設計した。 しかし、空飛ぶ車の主な問題は、離陸や着陸に滑走路を必要とすることだった。

しかし、無人小型飛行機の技術の急速な発展、強力なバッテリーの入手のしやすさ、および自動運転技術によって、多くの企業は小型乗客ドローンを開発するようになった。それらの企業には、カリフォルニア州に拠点を置くJoby Aviation、スロバキア企業のAeroMobil、ドイツ企業のLiliumなどがある。Liliumは、車よりも5倍速く乗客を移動させることができる、エアタクシーを開発している。



一見、飛行機?と思われますが垂直に離陸するんですね。カッコいい!!




もう一本の動画です。同じくLiliumのものです


SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます