解説!1日5分ビジネス英語
2018/03/28

ユニリーバ、ロッテルダムに移転 英国離脱の代償か Unilever moves to Rotterdam: A Brexit casualty?

今回の記事は「ユニリーバ、ロッテルダムに移転 英国離脱の代償か」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

Many other companies have already announced their move out of the UK in order to stay within the EU after Brexit.


他の多くの企業は、英国離脱後に欧州連合に留まるために、すでに英国から移転することを発表している。


ボキャブラリー

  • structure : [noun] 構造。パターンまたは組織
  • simplify : [verb] 単純化する。(何かを)行う、または理解するのを簡単にすること
  • achieve : [verb] 達成する。成功する、目標を達成する
  • goal : [noun] 目標。達成しようとする何か
  • assure : [verb] 安心させる。誰かを心配または動揺させないようにすること

日本語訳

大手消費財メーカーのユニリーバは、本社をロンドンからロッテルダムに移転することに決めた。この決定は、英国が英国離脱後も金融の拠点地としての地位を維持しようと奮闘している時に、行われた。

ダブ、リプトン、ベン・アンド・ジェリーズを所有しているユニリーバは、運営組織を合理化し、事業部門をより容易に買収または売却し、そして長期的な目標を達成するために、本社を1つだけにすると発表した。

他の多くの企業は、英国離脱後に欧州連合に留まるために、すでに英国から移転することを発表している。ユニリーバの決定も同じ理由かもしれない。

ユニリーバは、英国の従業員7,300人を含めて、世界中で169,000人の従業員がいる。同社は、ロンドンからの移転による人員削減はないと断言している。さらに、ユニリーバの株は引き続き、ロンドン、アムステルダム、およびニューヨーク証券取引所で取引されるだろう。



ユニリーバのCEO ポール・ポーマン氏は語ります


SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます