解説!1日5分ビジネス英語
2018/03/31

ウーバー、東南アジアから撤退 Uber withdraws from Southeast Asia

今回の記事は「ウーバー、東南アジアから撤退」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

Anthony Tan, CEO of Singapore-based Grab, said that it is a matter of pride that a company born in Southeast Asia offers services to millions of consumers each day and provides employment opportunities to 5 million people.


シンガポールに拠点を置くグラブのアンソニー・タン最高経営責任者は、「東南アジアで設立された企業が何百万人もの消費者に毎日サービスを提供し、500万人に雇用の機会を提供することは、誇りです」と語った。


ボキャブラリー

  • withdraw : [verb] 撤回する、取り消す。 継続しない、(以前提供されたものを)提供しない
  • pride : [noun] プライド、自尊心。 楽しみを感じる、完全な満足
  • operation : [noun] 運営、業務。事業や組織の活動
  • board : [noun] 理事会。取締役会。
  • consumer : [noun] 消費者。個人的利用のために商品やサービスを購入する人

日本語訳

サンフランシスコに拠点を置くウーバーは、競合の配車企業大手グラブとの取引で、東南アジアから撤退することを決めた。両社の大株主である日本のソフトバンクグループは、その取引を支援した。これはウーバーにとって、2016年の中国、2017年のロシアに次ぐ、3回目の撤退となる。

その合意に従って、シンガポールに拠点を構えるグラブは、シンガポール、マレーシア、カンボジア、インドネシア、ミャンマー、フィリピン、タイ、ベトナムの運営を引き継ぐ。買収にはウーバーの食事の配達サービスであるUberEatsも含まれている。見返りとして、ウーバーはグラブの27%の株式を取得し、ウーバーのダラ・コスロシャヒ最高経営責任者はグラブの役員に就く。

東南アジアのライドシェア市場は2025年までに200億ドルを超えると予想されている。 シンガポールに拠点を置くグラブのアンソニー・タン最高経営責任者は、「東南アジアで設立された企業が何百万人もの消費者に毎日サービスを提供し、500万人に雇用の機会を提供することは、自尊心の問題だ」と語った。



あまり良い動画が見つかりませんでしたが、まとめという意味で!


SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます