解説!1日5分ビジネス英語
2018/04/20

楽天の反撃 Rakuten fights back

今回の記事は「楽天の反撃」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

Besides, experts say that Japan’s mobile market already has three well-established providers, leaving very little space for a new player.


さらに専門家は、日本の携帯電話市場はすでに大手3社によって占有されており、新規参入者が入り込む余地はほとんどないと見ている。


ボキャブラリー

  • core : [noun] コア、中心、中核。中央および往々にして基礎的な部分
  • sector : [noun] 部門(セクター)。経済の一領域
  • expand : [verb] を広げる、拡張する。より多くの人を含めたり、新しい地域に移動したり、またはより多くの製品を販売したりして成長すること
  • established : [adj] 定評のある。長い間存在することによって、優れている、または成功していると認知された
  • player : [noun] プレーヤー。特に事業や政治において、状況に影響を及ぼす人または組織

日本語訳

2015年以降、日本企業の楽天は中核であるEコマース事業の業績が低下している。米企業アマゾンとヤフーから圧力がかかっているからだ。それぞれ、市場の20.2%および8.9%を占めている。反撃して、20.1%のシェアを改善するために、楽天は通信分野に6000億円を投資することにした。

これは楽天の携帯電話ネットワークが、ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIに次ぐ、第4位になることを意味する。これは携帯電話契約者の新しい集団を開拓する、よい動向だろう。楽天は1億6500万人の市場で、わずか1500万人のユーザーを目標としている。低い価格で携帯電話サービスを提供して、徐々にシェアを拡大する計画だ。

しかし、楽天は利益を出すことが難しいかもしれない。さらに専門家は、日本の携帯電話市場はすでに大手3社によって占有されており、新規参入者が入り込む余地はほとんどないと見ている。



携帯電話事業参入に対して三木谷さん自身がインタビューに答えています


SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます