解説!1日5分ビジネス英語
2018/05/19

トレッドホイールからトレッドミルへ:健康器具の200年 Treadwheel to treadmill: Two hundred years of the workout machine

今回の記事は「トレッドホイールからトレッドミルへ:健康器具の200年」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

This version was installed at London’s Brixton Prison, where prisoners used it to crush corn or pump water.


この型は、ロンドンのブリックストン刑務所に導入された。その刑務所では、囚人たちがそれを使って穀物をすりつぶしたり、水をくみ上げたりしていた。


ボキャブラリー

  • punishment : [noun] 処罰。犯行に対する罰
  • file : [verb] 申請する。公的に登録、または載録する
  • market : [verb] 市場に出す。販売のために提供する
  • invention : [noun] 発明。誰かが最初に作ったり、設計したり、考え出したりした機械や工具、あるいはシステム
  • criminal : [noun] 犯罪者、犯人。違法な活動を行う人

日本語訳

トレッドミルの歴史は、ウィリアム・カビットという土木技師によって作り出された1818年にさかのぼる。当時、カビットの発明にはいくつかの踏み段がついた大きなホイールがあったため、「トレッドホイール」と呼ばれていた。ホイールを動かして次の踏み段を出すには、人々は立ってひとつの踏み段に圧力を加える必要があった。

この型は、ロンドンのブリックストン刑務所に導入された。その刑務所では、囚人たちがそれを使って穀物をすりつぶしたり、水をくみ上げたりしていた。平均して、囚人たちは毎日7〜10時間トレッドホイールに乗り続けていた。

徐々に、トレッドミルは犯罪者の矯正の手段となった。1842年までに、イギリスの刑務所の50%以上がトレッドミルを導入していた。

1913年、トレッドミルは「トレーニングマシン」として、米国特許が申請された。1960年に、ウィリアム・スタアブ氏(アメリカの機械工学者)が、PaceMaster 600という名の家庭用フィットネスマシンを世に広めた。その人気はその後も上昇し続けている。



当時のロンドンでどのように使われていたのかがわかりますね?


SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは The Economist や The Financial Times などの一流のビジネス誌!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます