解説!1日5分ビジネス英語
2018/05/30

フィッシャー・アイランド:超富裕層のための島 Fisher Island: Home for the ultra-rich

今回の記事は「フィッシャー・アイランド:超富裕層のための島」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

In 2014, Fisher Island Club completed a $60--million project that includes a new golf course, tennis courts, a spa and salon, restaurants, a beach club, and a hotel.


2014年、フィッシャー・アイランド・クラブは、新しいゴルフコースを含む、テニスコート、スパ、サロン、レストラン、ビーチクラブ、そしてホテルに至る、6,000万ドルのプロジェクトを完成させた。


ボキャブラリー

  • salon : [noun] サロン。人が美容トリートメントを受ける場所
  • facility : [noun] 施設。特定の目的のために提供される建物、設備、サービス
  • average : [adj] 平均。通常または普通の量、基準またはレベルの
  • resident : [noun] 住人、住民。通常は長期間、特定の場所に住んでいる
  • frequent : [adj] 頻繁に。頻繁に訪れる

日本語訳

マイアミの海岸沖の小さな島であるフィッシャー・アイランド(郵便番号33109)は、米国で最も裕福な地域だ。面積216エーカーの島に住む人々は、アスリート、スーパーモデル、エグゼクティブ、弁護士などである。彼らの平均所得は250万ドル以上だ。

その島の歴史は、ヴァンダービルト家と密接に関わっている。1920年代半ばに、所有者のカール・フィッシャーはその島の一部を、アメリカの最も裕福な住人の1人であるウィリアム・キッサム・ヴァンダービルト2世に売却した。その後、ヴァンダービルト氏は島の自身の土地を拡大し、「アルヴァ・ベース」と呼ばれる地中海スタイルの建物を建てた。

2014年、フィッシャー・アイランド・クラブは、新しいゴルフコースを含む、テニスコート、スパ、サロン、レストラン、ビーチクラブ、そしてホテルに至る、6,000万ドルのプロジェクトを完成させた。

島の施設を利用するには、住民は会費を支払う必要がある。頻繁に訪れる人は、初回入会手数料の42,800ドル、そして年会費の27,306ドルを支払うことで会員になることができる。



この島に移住?如何ですか? ホホホ・・



Source CNBC via YouTube
SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは The Economist や The Financial Times などの一流のビジネス誌!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます