解説!1日5分ビジネス英語
2018/10/13

セルフィーで死亡 Death by Selfie

今回の記事は「セルフィーで死亡」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

Different countries are now introducing ‘no selfie zones’ at tourist spots to prevent such accidents.


さまざまな国がそのような事故を防止するために、観光地で「セルフィー禁止区間」を採用している。


ボキャブラリー

  • popular : [adj] 人気のある、評判がよい。たくさんの人に愛されているまたは好まれている
  • risk : [noun] リスク、危険性。何か悪いことが起こる可能性
  • incidence : [noun] 発生率。何かが起こった回数
  • realize : [verb] 認識する、理解する。何かを理解する、または気付く
  • accident : [noun] 事故。計画または意図されない、損傷や負傷を生じる突然の出来事(衝突事故など)

日本語訳

今日、セルフィーを撮ることは、よくある行動である。しかし、セルフィーのリスクに関する懸念が増えている。

全インド医科大学(All India Institute of Medical Sciences: AIIMS)が行った最近の調査によると、世界中でセルフィーによる137件の事故で259人が死亡したと報告されている。最も事故が多かったのがインドで、ロシア、米国、パキスタンと続く。セルフィーによる死亡事故の50%(106)は年齢層20~29歳で発生しており、年齢層10~19歳が36%になっている。

溺死、乗物に関連する事故、落下は、セルフィーが原因になっている上位3つの死亡理由である。セルフィーを撮る高いリスクを取っているために、またはセルフィーを撮ることに集中して危険な状態にあることを認識していないため、事故が発生している。

さまざまな国がそのような事故を防止するために、観光地で「セルフィー禁止区間」を採用している。



これは絶対に危ないからやめるべきです!


SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます