解説!1日5分ビジネス英語
2018/12/11

英国離脱と金融部門 Brexit and the Banking Sector

今回の記事は「英国離脱と金融部門」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

To reduce the problems, many people, including Mark Carney, the Bank of England governor, are asking for terms or a “deal” to be worked out between the U.K. and the EU before Brexit.


これらの問題を減らすために、イングランド銀行頭取マーク・カーニー氏を含む多くの人々は、英国離脱前に、英国と欧州連合の間で「取り決め」を結ぼうとしている。


ボキャブラリー

  • popularly : [adv] 広く、世間では。多くの人々によって、一般的に
  • economic : [adj] 経済の。貿易、産業、富の創出に関連していること
  • governor : [noun] 管理者、理事、頭取。公的機関の長
  • deal : [noun] ビジネス上の取引、契約
  • reduce : [verb] 軽減する。(何かの)大きさ、量、数を小さくする(少なくする)こと

日本語訳

2016年の国民投票で、英国は欧州連合から離脱することを決めた。2019年に、このBrexit(造語で「英国離脱」という意味)は実施される。銀行は英国離脱のあおりを受けて問題に直面している。

英国離脱後、銀行は国をまたいで自由に活動できなくなる可能性がある。これを恐れて、銀行は英国から出て行っている。彼らはドイツのフランクフルトを新しい活動の場所にしている。銀行が移転したら、英国は経済問題を抱えることになる。また多くの人々は職を失うことになる。英国離脱後、英国の人々は他の欧州諸国で仕事を見つけることが難しくなるかもしれない。

これらの問題を減らすために、イングランド銀行頭取マーク・カーニー氏を含む多くの人々は、英国離脱前に、英国と欧州連合の間で「取り決め」を結ぼうとしている。「取り決め」は経済問題を減少させるのに役立つ。



こちらの方はEU離脱後の金融セクターについて楽観視されていますね


SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます