解説!1日5分ビジネス英語
2019/04/27

ノートルダム大聖堂、灰から芸術は再び現れるか Notre Dame cathedral: Will art re-emerge from the ashes?

今回の記事は「ノートルダム大聖堂、灰から芸術は再び現れるか」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence

According to estimates, the repair work might take at least two decades.


試算によれば、修復には少なくとも20年かかるという。


ボキャブラリー

  • estimate : [noun] 推定する。何かの価値、数、数量、または程度の近似計算や判断を行うこと
  • repair : [noun] 修理する。壊れているまたは稼働していないものを直す
  • altar : [noun] 祭壇。特に神へのささげ物を提供するために、宗教的な目的で使用されるテーブルまたは上部が平たいブロック
  • treasure : [noun] 財宝。貴金属、宝石、その他の貴重な物体
  • expert : [noun] 専門家。事情に精通している人

日本語訳

4月15日、パリのノートルダム大聖堂が大規模火災で焼失した。試算によれば、修復には少なくとも20年かかるという。大聖堂の損傷した物の一部には、12世紀から存在するパイプを持つ主要なオルガン、大きな絵、中央にある祭壇がある。

修復プロジェクトを指揮している人々の中には、セジウィックの美術品のディレクターであるマイケル・オノレ氏がいる。彼はさまざまなアート媒体の専門家30人のチームを指揮することになる。オノレ氏によると、大聖堂の多くの貴重品は無事だが、水や煙が多くの美術品に損傷を与えた。それらは専門家によって慎重に修復されなければならない。ありがたいことに、イエス・キリストの「イバラの冠」は火災で損傷を受けなかった。

マイケル・オレノ氏のような人々はノートルダム大聖堂を火災の前の状態に戻すために、何カ月も、ひょっとしたら何年も必死に働く必要がある。




SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます